マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

外国人受け入れを考える機会になるツイッター投稿の紹介

マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回は最近目に入れた

ツイッター投稿の紹介です。

 

 

くつざわ亮治豊島区議員(しきしま会) が

表されたものです。

 

メチャわかりやすいですね。

金額の多寡はともかくも

滞在する外国人に経費が掛かる

この現実を理解することはできます。

 

くつざわさんが示されたように

豊島区でも表面に表れる経費は

これだけあるということですから

 

東京都全体で見れば、もっと大きな額に

膨らんでいるのでしょう。

そして、日本全体で見れば

それも想像に難くありません。

 

ただ、だからと言って

外国人お断り、来ないで欲しいとか

そんな短絡的なことを言いたいのではなく

 

こうした現実、事実をよく認識して

政府の進める外国人受け入れ施策を考える

機会にすべきではないか

と思うのです。

 

要は

日本社会に順応できる外国人の受け入れに

力を入れる、傾注すべきことが

最優先項目として考慮されるべきではないか

ということ。

 

そうしないと

外国人にこうした経費をかけても

外国人が「俺知らん、日本関係ない」

との姿勢を持った場合

 

役に立たないどころか、無駄になるでしょう。

 

ですから

豊島区民だけでなく、日本人全体が

くつざわさんのツイッター投稿を見て

日本社会に受け入れられる外国人を考える

機会にすべきと捉えるのです。

(「社会ルールを合わせましょう」の意味で。)

 

もし、ここで

外国人には外国人なりの生き方があるから

日本社会に合わせる必要はない!

との主張があるのであれば

日本ではなく、自国で暮らせばよいのです。

 

そのように日本側も主張しないと

日本国内に外国人のコミュニティが無数に

広がるだけでしょう。

(行政が立ち入れないコミュニティ化)

 

それにしても、くつざわさんの投稿内容から

これだけの言語圏からの外国人が

入国しているとは驚きでした。

 

〇 英語

〇 中国語

〇 韓国語

〇 ベトナム語

〇 ネパール語

〇 ミャンマー語

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。