マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

鈴木宗男氏の闖入、イカンと思うけど・・

マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回は

いつも以上に短い僕のつぶやき。

 

ですから

もし、間違って、ここへ訪問された方は

スルーをされることをお勧めします。

 

と、こんなご挨拶を冒頭で申し上げれば

「いったい、オマエは何なんだ?」

ということになるでしょうけど。

 

とにかく

僕は、この行動を促す感覚がおかしいかと

 

『鈴木宗男氏の闖入』

 

と大上段に振りかざしておいて

話の対象となるのは、この方、この部分です。

産経さんの記事を見て思いました。

 

 

鈴木宗男さん

なぜ、なんでしょうね。

 

どうして

今、ここで、維新の議員に成り代わって

吠えなければならないのでしょうか

 

何か

便乗して自らの位置を少なからず高めたい?

 

そのためか、やり取りで

渦中の真っただ中にいる現場の周囲は

これまでとは違った邪な想いを引きずっている

そんな形にも見えてくるのです。

 

多くの方々は

どのように受け止められるのでしょう。

 

変な感じです。

 

そこで、こういう時って

黙っていればよいのではないでしょうか。

 

いかに

足立氏と松井氏が起き上がれない犬を

さらに小突き回すようなことをしても

 

僕が思うには・・

弱弱しくなった犬を助けることはあっても

憶測で判断するような内容で

加害で加担する必要はないと思うのです。

 

そして、こういう時、思い出すのが

中国、韓国のことわざ

こういうものがありました。

 

「川に落ちた犬は棒で叩け」

『打落水狗』

 

水に落ちてかわいそうと思っても

基本、犬が狂犬ゆえと表し

危険だから

妙な哀れみなどを持ってはいけない

という理由で叩き続けるということ。

 

とはいえ、ここで表したような表現を

鈴木氏も維新も丸山氏に対し使っていません。

 

くどいですが、これのこと。

『打落水狗』の表現・・

 

ですが、行動は

言葉で表したものは同じと思うのです。

 

特に、後発で、言い表した鈴木宗男氏 

いささか、維新以上に悪意のある御仁に映る

次第・・。

 

やわらげて欲しいものです。

 

ということで

今回のひとり言、ここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。

 

・・・

 

追記

 

維新ほかへ

新しきことをしたいのなら

肝要な面も持ち合わせてはいかが・・ 

恩赦とかそういうことではなく

心の優しさで、と思うのです。