マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

日本維新の会はようわからん政党になってきましたね! 逮捕されても、刑事罰で離党届受理とは?

 マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回は、こういうのあり?

と思うことですね。

 

対象は日本維新の会から立候補し

4月の大阪市議選で当選した人物の件。

 

この人物、不破忠幸容疑者は、その後

公職選挙法違反容疑で逮捕されているにも

かかわらず 

選挙カー運動員への報酬は一日15000円を上限に認められているものの、20000分の報酬を支払って運動員の手配を頼んだ疑いがある。(産経19日)

選挙カー運動員として4人を選管に届け出、しかし、実際は、ほかにも活動に従事した運動員がいた。(産経19日)

・・とのこと。

 

でも

この程度なら、離党届を提出すれば

収まる様子。

 

維新側は逮捕された事実は極めて大きく

早く受理すべきと判断したと表していますが

 

辞職については事実関係が明らかにならず

との言葉を持ち、本人の認否、起訴云々で

判断は分かれると見なしている様子。

 

ですが、これって、どうなんでしょうね。

 

すでに

北方領土に関しての言葉、発言で

党から除名処分を受け議員辞職勧告まで

求められている丸山穂高衆院議員とは

 

ずいぶんと、党の対応の違いがあるように

思うのです。

 

何か、変ですよね。

 

二重基準

ご都合主義のように映りますが

いかがでしょう。

 

ということで

マッチポンプのような展開でしたが 

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。