マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

最近の日本維新の会の動きから、ホントのこと言えば、大阪都構想、日本全体から見れば是が非でもないよね!

マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回も日本維新の会に関して触れてみます。

私見ですが

(そもそも、ブログ自体が私見ですけど。)

大阪都構想のこと。

 

その前に、こちらから進めてみます。

 

先般の統一地方選挙で勝利した日本維新の会

その動きは、その当時までよしと見るわけですが

 

最近の動き

たとえば、丸山穂高議員の辞職勧告案の提出

立憲民主党ほかの野党と手をつないで

ルンルン「ほだか、ヤメロー」の動き

 

とか

 

何か、にわかに足立康史が叫ぶ

「NHKから国民を守る会から国民を守る」

との動きとか

 

さらには馬場議員が音頭を取っているのか

どうかはわからないものの

報道で表に出る画像を見たので矢面に挙げますが

かの北方4島絡みの丸山発言に触れ

 

ロシアへ

「うちの元議員が、あなた様に無礼を働き、ゴメン」

との趣旨(でしょう)で謝るとか

(一野党が外交で出しゃばる姿勢を持つって

僭越でしょう。)

 

何か、おかしくないですかね。

 

統一地方選後

何か、維新は驕りの姿を持ちはじめた

と思うのですよ。

 

そもそも、大阪都構想だって

足立康史議員とか

「あのね」の浅田均議員とかが強調しているので

惹かれたところもありますが

 

f:id:masacchikun:20180426110813j:plain

 

よくよく考えると、大阪都構想に関して

彼らの過去の主張から、背景を考えると

日本全体から見れば是が非でもない話でしょう。

 

(過去、僕も積極推進的に賛同していたので

エラソーなことは言えんけど。)

 

基本、広域行政を行う上で

大阪府と大阪市が車の両輪のように

なっていなかったので

 

よろしくない状況が生まれていたから

何とかしたい!

という思いから生まれたものでしょう。

(もちろん、法律の裏付けあってのこと。)

 

では、今

大阪市長と大阪府知事は維新ですから

別に問題ないと思うのですよ。

 

なかよく、大阪市と大阪府が歩み寄って

役割分担で権限、機能の棲み分けを行えば

よいでしょう。

 

大阪は維新の世界と自信を持てる行政を

行えば

大阪都構想はいらないと思うのですよ。

 

それに多くの方が

先の大阪府知事、大阪市長選挙で

維新を支持したのは

大阪都構想がよいとか、どうとかよりも

 

自民党内のワルに映る大阪自民と

同じくワルに見える立憲民主党、共産党、公明党

などの議員ら(いわゆる野党+公明党)が

自分勝手、手前勝手に映ったからでしょう。

 

f:id:masacchikun:20180501095024j:plain

 

つまり、自らの生活確保の議席保持のため

大阪都構想の住民投票に反意を持っている

と見なされたからではないでしょうか。

(統合されれば議席は減るでしょうし

そうなれば、失職です。)

 

要は大阪市と大阪府の首長や議員たちの多く

(一部かもしれません)が悪者に見えただけ

かと。

 

ですからね。

今、求められるのは

都構想推進も否定はしないけど

 

それよりも、大阪市民や大阪府民が

これらワルに映る議員へ投票するのは、イヤ!

ぐらいの善政を、維新の両首長が

しっかりリーダーシップを持って行えば

よいだけのことではないでしょうか。

 

善政を行う前に

大阪都構想で騒ぐ必要はないとも

今は思うのです。

 

それに繰り返しますが

日本全国で大阪都構想が成立しようが

しまいが、どちらでもよいでしょう。

 

大事なことは広域行政を必要とする

その行政区域の首長の思考と

努力のベクトルが同じになれば

よいだけのこと。

 

政治家と政党がそれを意識し

社会に植え込まれれば

結果がアトをついてくると思いますけど。

 

もしかしたら、大阪都構想

維新がそこを牙城に、選挙基盤を作りたい

そんな野心の隠れ蓑になっているかも?

(ただし、この点

憶測ですから、勝手に思うだけのこと。)

 

とはいえ、これもありますからね。

NHKから国民を守る会への攻撃的な姿勢も

関西に広がる同会への敵愾心の表れとも

思わせますから・・

 

という感じで

最近の日本維新の会の動きから

同党の思考と動きをしっかり注視・・

よく見て行かないといけない、危ない

そのように考えたりもするのです。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただきありがとうございました。

失礼します。