マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

韓国国会議長ヒサンさんの発言「天皇陛下が謝れば・・」に対し、河野外相は弱弱しいかも?

 

マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回はいつも以上に、韓国に対して

もっともっと強く言ってもよいのではないか

と思うこと。

韓国国会議長ヒサンさんの発言「天皇陛下が謝れば・・」に対し、河野外相は弱弱しいかも?

です。

 

対象は

韓国のヒサンさん、韓国の国会議長を

務めている・・という方。 

 

いわゆる慰安婦のおばあさんに対して

天皇陛下が手を差しのべ誤ればいいのだよ!

と語った件。

 

しかも、このように

「戦犯の息子である天皇が謝罪をすれば・・」

と。

 

これについては思わず 

「いい加減にしろ」「ふざけるな!」

と。

少々乱暴な言葉を伴った思いが吹き出します。

 

ところが、意外と

外務省、河野外相は、ものわかりのよい

ご判断とともに、発言をしている様子。

 

「発言には気を付けていただきたい」

とのこと。

 

でもね、このぐらいの反応では

ヒサンさんの周辺はじめ韓国の政治家たちは

今まで見せてきた姿勢から推し量ると

・・・

 

「この程度の反応なら、まだ大丈夫!」

って感じで

「日本へさらに悪態ついてもOK!」

と思ったかもしれませんよ。

 

ただ

河野外相の発言よりも

日本からじわーっと出てくる

嫌韓の反感の声で、ヒサンさんが

取り繕いの言葉を発したともありますから

 

発言は誤報とか・・

ただし

訂正の言は今のところ見当たりません。

 

それでも 

それなりに、かの国でも感じるものが

あるのでしょう。

 

ところで 

ヒサンさん、今後は言動を慎むのでしょうか?

でも、もしそうだとしても

手遅れと思います。

 

もう、日本は左翼の方々

あるいは一部の年輩の方々を除き

広く、韓国への感情は悪化、極まった!

と思われますから。

 

とにかく

天皇陛下のご尊称すらまともに語れないものが

仮に、何を言い訳をしても手遅れなのです。

 

それゆえに、なおさら河野外相の発言が

弱弱しく聞こえます。

 

今からでもよいので、ものおじしない

(ものおじはしていないと思いますが)

毅然としっかり強く叱りつけるような

姿勢を示して欲しいかと。

 

今回はここまでとなります。

失礼します。