マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

標本、調べて見たら人の骨だった?

 

マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回はこれです。

調べて見たら人の骨だった?

 

日経さんのこのツイートから本体記事を見て

 

 

 「エーっ」

と思うのは僕だけではないでしょう。

 

ただ、普段、明らかに模造品と思われる

標本に接しているから、そう思うだけで

(たとえば、学校、会社の保健室とか)

 

江戸時代の末期とか明治時代であれば

西洋医学の研鑽を進めるために

罪人の遺体を解剖したとかありますからね。

 

当時、献体の思想があったかどうかまでは

知りませんが、然るべき手順を踏んだものが

学校に渡っているのであれば

よいとも思いますが、どうでしょう。

 

もちろん、受け入れる側、学校の気持ち次第かと。

 

また、僕自身、過去を振り返ると

いくつか思い当たるものが浮かびます。

 

そのうちの一つですが、小学生ぐらいのころ

近くの高校の生物教室に悪ガキどもで

度胸試しと標本を見に出かけたのです。

 

そこで薄暗い湿った部屋に入って

骨やら、動物のホルマリン漬けやら

そして、その流れでホルマリン漬けの脳みそを

見た時は大いに驚いたものです。

 

「ウワー」です。

何と言っても、悪ガキです。

何も知識もない、好奇心を持つだけ

ただ、ただ、「おっかねえ、気持ち悪い」

でしたね。

 

胎児もあったような気もしますが

これは不確かな記憶。

 

ともあれ、医学の世界を志す方、学校なら

本当の人骨の標本があってもよいでしょうけど。

普通の高校以下だと、今の時代、刺激が強い!

と言われるかもしれません。

 

それは、いかに過去悪ガキであっても

察するばかり。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。