マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

日本政府、レーダー照射の音の公開より、広開土大王が助けた北朝鮮の船に触れたら?

 

マサッチクンです。

 

今回は素朴にこちら。

日本政府、レーダー照射の音の公開より、韓国駆逐艦『広開土大王』が助けた北朝鮮の船に触れたら?

と思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

ZAKZAKさんの記事から

www.zakzak.co.jp

 

特に、この部分引用しますが

防衛省統合幕僚監部総括官は、韓国海軍駆逐艦と韓国海洋警察の警備艇が、いわゆる北朝鮮船を救助していたとされることについて、「現場(海域)で何をやっていたのか、それがわれわれにとっても最大の関心事だ。日本のEEZ内だったが、その船からの救難信号は自衛隊も海上保安庁も受信、感知していない。韓国側が(遭難を)知っていたというのは不審な部分がある」と語った。

韓国、かなり怪しく映る部分です。

 

ここで、勝手に天の声を聞いてみましょう。

 

「『広開土大王』よ」

「おぬしは、いったい、何をしていた?」

「北朝鮮の船舶とのかかわりは何か」

「何を助けたのか」

「まさか、せどりではあるまいに?」

 

お告げ斯くの如し?・・なんてね。

 

でも

素直に今までの報道にある事象をつなぎ

この記事を重ねると

このような思いになっても不思議ではない!

・・でしょう。

 

続いて

防衛省がここまで語るなら

日本政府は・・

わかっているのではないでしょうか 

 

それは、韓国『広開土大王』が北朝鮮の船舶と

いかなることをしていたのか

承知しているのではないか。

・・ということ。

 

もちろん、国連制裁下での疑問、疑惑の内容です。

軽々に明らかにすることはできない

とは思われますが・・

 

とはいえ、やはり、わかっているのでは❔

これは拭いきれません。

 

そこへ、これです。

産経さんの記事の登場になります。

www.sankei.com

 

この記事では韓国の駆逐艦『広開土大王』が

海上自衛隊の哨戒機に放ったとされる

火器管制レーダー波の件で

 

防衛省は、今日19日

哨戒機が記録した電波信号音を

レーダー照射の証として

週明け公開の様子!

 

と表しています。

 

しかし、それよりも、韓国と北朝鮮の密着度

韓国の偏りを世界に知らしめたほうがよい

と思うのです。

 

そこで、さらに続けると

軍事的、防衛的観点で電波信号音を

さらけ出すことが、どれだけ日本にとって

有意義になると言いましょうか

有利になるのか、それはよくわかりませんが

 

この際、韓国にうなづかせることよりも

韓国が世界から指弾される方向へ

ものごとを進めることの方が得策!

と思うのですが・・、いかがでしょう。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。