マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

韓国での日本企業の資産差し押さえ申し立てに向けた安倍首相の発言を思う!

 

マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回は日本企業に対し

韓国で元徴用工と言われる人たちが

昨年10月の大法院での訴訟判決に基づき

弁護士らの支援を受けつつ

 

資産差し押さえ申し立ての動きを

昨年12月、持ったこと。

※ 対象:新日鉄住金の韓国資産、ポスコの株とか

これについて

昨日のNHKの番組中、安倍首相が語った

「国際法に基づき、毅然とした対応を

取るための具体的な措置の検討を

関係省庁に指示した」

 

・・から思うこと。

 

素朴に、素直に

やっと、言葉を発していただけた

という感じでしょうか。

 

もうちょっと、早くてもよかったのに

との思いもありますが

関係部署とのすり合わせ、準備なども

あったのかもしれません。

 

そして

時期の速い遅いはともかくも

方向性がはっきりしたことは

「よかった」

と言えるでしょう。

 

あとは・・肝心と思われることは

具体的に、どんな動きが表れるのか

そちらに興味が向かうのです。

 

やはり、はじめになすべきことは

韓国人の日本への入国制限が挙がる

と思いますが、どうでしょう。

 

人的交流の制限は、一番強く、明確に

国と国のかかわりがおかしい!

と意識させられる、効果的な具体的措置

でしょう。

 

ノービザの廃止、かつ留学生も多いので

留学ビザ制限を行うとか

 

ただ、後者は、日本の私立大学が

経営に影響が出ることをおそれ

 

たとえば

教職員の解雇へつながることも考えられ

背に腹は代えられずと

「やめてくれ」

そんな声が上がるかもしれませんが・・。

 

話戻して、具体的措置です。

 

続いて浮かぶものは

韓国企業の日本での土地購入など、活動制限を

加えるとか・・です。

 

これは韓国人が日本を拠点にして

自国都合を強調するなどの活動防止に

役立つでしょうし

 

(強い憶測ながらも) 

親北政権・韓国経由による

北朝鮮からの日本浸透予防にも

功を奏するかもしれません。

 

ほかにも 

検討に値する材料はこと欠かない

と思いますが、まずはこのあたりから

腰を上げていただけると、昨日の発言も

生きるかと。

 

いささか

高いところからの物言いではありますが

そのように思うのです。

 

ともあれ、フタを開けて見たら

痛くもかゆくもないような話が

登場することだけは避けて欲しいものです。 

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。