マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

米朝首脳会談、トランプ大統領、進める! となると、次は金正恩委員長、シンガポールに向かうのか?

 

マサッチクンです。

 

今回は

「あれ?」「やるの?」

と思ったことからです。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain

米朝首脳会談はどうやら予定どおり

12日にシンガポールで行われる様子。

 

トランプ大統領が1日、記者会見で語った

とあります。

 

よほど、同じ、1日

北朝鮮の金英哲党副委員長が携えた

金正恩委員長の親書の内容が

よかったのでしょう。

 

※ 金英哲(キムヨンチョル)

 

その前からも、トランプ大統領の

北朝鮮の姿勢に対して好感を持つものが

ツイッターにありましたけど。

 

 

こちらが事前に表れるほど

かなり、非核化に踏み込んだ内容が

見られたのかもしれません。

 

ただ、それが周辺国すべてにとって

『完全』非核化なのか

 

それとも、米国にとっては

『完全』非核化なのか

 

さらには、『完全』非核化に向けての

第一歩としては『完全』なのか

 

今は、米国、トランプ政権の胸三寸かと。

 

ともあれ、このまま進むと

仮に12日、どんな形であれ

米朝首脳会談で両首脳が合意すれば

シンガポールに同日、文在寅大統領が同行

その出現云々関係なく。

 

※ 5月28日、文大統領、同地行きの話あり

 

13日の韓国の統一地方選挙での

韓国与党『ともに民主党』の勝利は

ほぼ確実視してよいかもしれません。

 

このあたり、ご覧の方は、どう思われますか。

 

そのほか、1日、板門店では

南北高官級会談が行われており

その中で登場した内容

南北共同行事を

「一緒に開催しようよ」の件。

 

少々、先走りの感じを受けつつも

もし、これが1日の会談で上った実施日

・・15日に行われるようであれば

 

半島の南北融和は一気に加速することも

考えられるでしょう。 

※ 15日は中止との報道もあります。

 

ただ、これは何ごとも肯定的に見た場合。

 

すんなり進むかどうか、それはわかりません。

米国はラプターF22を嘉手納へ

数日前に配備しています。

 

5月29日には

ロナルドレーガン空母打撃群が

横須賀を離れています。

 

いつでも

北朝鮮の翻意に対応できる態勢は

整えているように見えます。

 

さらに

金正恩委員長はシンガポールで

米朝首脳会談に臨むとあれば

 

強権、強圧的に接してきた

北朝鮮人民の動きが気にかかるでしょう。

 

過去の事例で、元首が外国にいる間に

「政変が起きた!」

なんて話がないわけではありません。

 

その点でも、激変が起こらないとは

言え切れないでしょう。

 

数多の粛清と処刑を繰り返してきた!

と、思われますから。

 

もしかすると、米国はその背景を利用し

北朝鮮から米朝首脳会談の中止を

言い出さないように

先手を打って、南北朝鮮を揺さぶり・・。

 

結果

今の状態を作り上げたのかもしれません。

 

もちろん、ここで広げた考えは

どこまで進めても憶測ですけど。

でも、続けます。

 

そして

金正恩委員長が、シンガポール所在時に

北朝鮮国内ではクーデターへ。

 

続く流れとして

金正恩委員長は、中国ほか第三国へ亡命!

 

これが米国の真のシナリオだったりして?

 

しつこいながら、憶測です。

 

でも、ありえない!

とも言えないでしょう。

 

こちらの方が元凶を取り除く!

かつ、斬首作戦より被害も少ない手法

・・かと思われますから。

 

ということで、諸々、路傍の草の一つが

考えてみました。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。