マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

トルコリラ、利上げの可能性がある? 耳に入れて、素朴に思う!

 

f:id:masacchikun:20180814062256j:plain

 

マサッチクンです。

 

今回はトルコリラに関する話題から

少々思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

トルコ政府、正確には

トルコの中央銀行が、下落の続く

同国通貨トルコリラの利上げ考慮!

と表れていることに関して。

 

背景は言わずもがなでしょうけど

対ドルのレートは8月を見ても

下がりの基調!

 

国民の生活にも影響は出ているのでしょう。

何と言っても

国としての購買力は落ちます。

 

そのため、考えがあるとの話だけでも

結構、効果が表れたようで、対ドルの流れに

少々、抑えが効いたようにも見えます。

 

ただ、今後の流れ、継続性を考慮すれば

利上げの幅と言いましょうか

その大きさが気になるところ。

 

真に必要とされる利上げを実行するなら

ある程度の支えになるでしょうし・・

 

また、トルコリラを持ちたい!

と思う動機づけにもなると思いますが

いかに?

 

今後の焦点になるのでしょう。

(すでになっていますよね・・。)

 

なお、利上げ云々との

直接的な関係はないようですが

目に入るものにこれがあります。

 

トルコから輸出した企業は

利益を180日以内に国内に入れ、その80%を

トルコリラに交換しなければならない!

 

そんな法律もできあがった様子。

 

こちらの方のツィートから引用します。

 

 

 トルコ政府のトルコリラ防衛の一環か・・と。

 

ということで、何気に、トルコを見ていると

指導者の姿勢一つで国が傾く?

国民が窮乏する?

 

そんなことを思わせます。

 

さっさと、米国人牧師を解放すれば

よいのに・・と。

どうでしょう。

 

※ 牧師 

トランプ大統領が解放を求める

キリスト教福音派牧師

アンドルー・ブランソン氏のこと。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。