マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

トルコ選挙、エルドアン大統領勝利宣言へ! リラは?

 

マサッチクンです。

 

今回もトルコの大統領選挙

そして、議会総選挙に関して思うことです。

 

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

はじめに結果から

現政権継続

と言いましょうか

 

そう見なしてよいのでしょう。

 

エルドアン大統領、勝利宣言しています。

僕が見た時は52%で過半数へ

(おそらく、それを超えるでしょう。)

 

僅少な差であっても

上回れば、勝ちですから

これは致し方がありません。

 

また、議会の方も

エルドアン大統領率いるイスラム色の強い

公正発展党が

右翼と言われる民族主義者行動党とともに

過半数を制する見通しとあります・・から

 

これが正しき、選挙

つまり、インチキ不正な選挙でなければ

堂々たる続投となるのでしょう。

 

となると、昨日も触れましたが

米国とEUの関係は現状維持

つまり「悪いまんま」ということ?

 

このあたり、注目です。

また、ロシアとは仲良し継続?

こちらも同様・・。

 

となれば

トルコリラの行方はどうでしょうね。

 

トルコリラが現状より上がれば・・

美味しい話になりますか?

 

エルドアン大統領の勝利を

予測しつつも

(下がる見込み多しの時と思いますので)

 

買っていれば、大儲け? 

下がったら大損?

単純ながら、そんなことが浮かびます。

 

そして、トルコの人の選択が正しかったか

今後の米国、EUの動きで徐々にわかるかと。

 

とにかく

今のトルコは天然ガス・パイプラインの

ハブターミナル的な存在を

目指しているかに映りますから

カスピ海、黒海産問わず・・です。

 

安定した政権であることは

望ましいのですが

 

主に地中海方面を

その出力先とするなら

 

もう少し西側

要は

米国とEUと上手く合わせられる

とよい気もしますが、どうでしょう。

 

という感じで

伝わるトルコ選挙の結果を見て

続いて、頭に浮かびます。

 

あと、日本も企業があれこれと

進出していますから

このあたりも注視でしょう。

 

と僭越ながら、言葉を重ねました。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。