マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

トランプ大統領、米朝首脳会談は北朝鮮・金正恩を利するだけ、時期尚早と判断か?

 

マサッチクンです。

 

今回はトランプ大統領が

「米朝首脳会談で、流れてもいいさ」

との趣旨発言をしたことから

ちょっと思うことです。

 

それで、いいじゃないか!

・・と。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain

目 次

  1. 22日、米韓首脳会談
  2. 米朝首脳会談「どうしようかな?」
  3. まとめ(北朝鮮何もしないなら、ヤメ)

 

◎22日、米韓首脳会談

22日、ホワイトハウスで

トランプ大統領は訪米中の文在寅大統領と

米韓首脳会談を持ったようです。

 

その一連の流れの中で

「実現すれば素晴らしいが」

「開かれなくても構わない」

これを、強調した様子。

 

また、トランプ大統領が

米朝首脳会談で成し遂げたい

と表されるものはこちら。

 

金正恩委員長に対して

「極めて短期間」で行う「一括的な非核化」

 

これを要求すると言っています。

 

となれば、ここまで明らかに

米国側の会談の狙いを明らかにした以上

ただ会うだけの選択肢はないでしょう。

 

なぜなら、北朝鮮は

● 核兵器の廃棄

● 弾道ミサイルの廃棄

いずれにおいても具体的な動きは

示していません。

 

トランプ大統領の思いとして

今まで、韓国の文在寅大統領が説明してきた

内容と「違うな」「俺をだます気か」と。

 

そんな受け止めを

今、持っているのではないでしょうか。

 

そのため

(金正恩委員長が「了解」するなら)

6月12日に開かれるだろうし

 

でなければ、流れて、アトだね。

ということなのでしょう。

 

f:id:masacchikun:20180518111455j:plain

 

◎米朝首脳会談「どうしようかな?」 

重視すべき点は

米国、トランプ大統領

今回の一連の報道の中で

文在寅大統領が傍にいる中で、語ったのです。

 

これは、米韓首脳会談の日のできごとです。

 並々ならぬ思いがあると見てよいでしょう。

 

トランプ大統領は

南北首脳会談での文在寅大統領のように

米朝首脳会談で

愚かな態度と結果を持てば 

国連安保理の制裁決議の効果が失われる!

 

あるいは制裁実施国の中から

米国を見限り

脱落国家が登場することを

見越しているのではないでしょうか。

 

同時に、米朝首脳会談のカードを使った

米国を嘲笑うかのように

 

中国が動き出す!

 

そのようにも見なしているのでは

ないでしょうか。

 

たとえば、中国に関しては

19日、米中の貿易協議の共同声明があり

米国の対中貿易の赤字削減のため

中国が米国製品を大幅に購入する内容が

表れています。

 

しかしながら、根本的に貿易不均衡の

是正で、米国は対中制裁の撤回には

触れていません。

 

米国は中国に不信感、警戒感を持っている!

それは強いと思われるのです。

 

もっとも、政治と経済「違うじゃないか」

との向きもあるでしょうけど。

 

大事な点は、今までの一連の報道から

米国は多くの分野を対象にして

 

南シナ海の中国軍の軍拡はじめ

ジブチの中国軍基地の存在など

 

長期にわたり、中国の動きに対し

警戒している!

と思われることです。

 

朝鮮半島問題に関しても

中国の協力を必要としつつも

中国に主導権を取らせる考えはないでしょう。

 

そうしたことを考えると

軽々に、文在寅大統領のような融和行動を

「取らないぞ」

との意思表示にも見えるのです。

 

f:id:masacchikun:20180511071841j:plain

 

◎ まとめ(北朝鮮何もしないなら、ヤメ)

ともあれ

北朝鮮は今まで、何もしていません。

融和のムードだけ、先行しているのです。

 

証を見せていないのです。

これらに関して


● 核兵器の廃棄

● 弾道ミサイルの廃棄

 

f:id:masacchikun:20180309102906j:plain

 

そのため

トランプ大統領がヤメを示唆し始めたことは

賢明でしょう。

 

また、日本にとっても

文在寅大統領がトランプ大統領を持ち上げ

単純に「会ってみたら」とされた場合。

 

そんな程度の米朝首脳会談を行われると

それこそ、本当に蚊帳の外になるでしょう。

 

米国が仮に

南北首脳会談並みの米朝間の話し合いを

持てば、ですよ。

 

日本は拉致被害者の帰還も

核・弾道ミサイルからの脅威の払拭も

かなわぬと思われるからです。

 

そこで、トランプ大統領

それら諸々を勘案して

むしろ米朝首脳会談を避ける方向に

舵を切り始めた!

 

どうでしょう。

 

そして、日本です。

この問題、つまり米朝首脳会談の話題は

問題点と認識する数多(あまた)のもの

かつ、以後の対応を含めて

国会で真面目に議論すべきと思いますが。

 

賢明な国民の方々は

どのように捉えますか。

 

少なくとも、加計の話で

国会をおかしくしてはいけないですよね。

 

朝敵、逆族、国民の敵など

いろいろな言葉は浮かびますが

それはそれとしても

 

朝日新聞、NHK、野党(維新除く)

そして、新たに参入してきた愛媛県知事

日本をかき回すのはやめて欲しいものです。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。