マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

中国の宇宙ステーション『天宮1号』が3月下旬あたりに墜落? 早ければ24日か? 情報が少ないのは北朝鮮の弾道ミサイル並み?

 

今回はあんまり世間で騒がれないこと。

不思議だけど。

中国の宇宙ステーション『天宮1号』が3月下旬あたりに墜落する話があります。

 

f:id:masacchikun:20180316220207j:plain

 

あまり、巷(ちまた)で騒がれないので、「今、話題になっている!」と捉える方もいるかもしれません。

でも、別に今、突如、表れた話ではありません。

 

よく知っている方は昨年から、北海道やら東北あたりが、その軌道下にあるので「どうかな」とシグナルを発してもいました。

それに米国に落ちる話もあります。

ミシガン州とか。

結局、直前にならないとわからない・・とありますが。

(「大気圏再突入の8時間ほど前からわかる」との話もある様子。)

 

こうなってくると、「わからない」という点では、北朝鮮の弾道ミサイルと変わらないようにも映ってきます。

「なーんで」という感じ。

 

まあ、とにかく、落ちるのでしょう。

外国の報道、ネット関連資料を見ると、中国はすでに『制御不能』状態に陥っているともありますので。

 

それにしても、宇宙ステーションの『天宮』の名は、心配ごとを与えないような、よき名称と思いますけど。

ホント、名称は穏やかな感じで、人々を包み込むような響きを持ちますが、とはいえ、落ちたら大気圏で燃え尽きるかどうか?

それはわからないわけで、その実態はとても怖いものに見えてきます。

 

ちなみに『天宮1号』は今からおよそ7年前、2011年に打ち上げられた中国の実験衛星です。

中国の宇宙開発の走りとも言える無人、有人宇宙船とのドッキングも行っており、結構世界には知られた存在。

『神舟』とのドッキングと思うけど。

『神舟』にちょっとだけ触れれば、ロシアのソユーズのコピーですよね。

 

形状もそっくり、若干大きいけど。

話は飛びますが、ソユーズって旧ソ連時代から運用しているわけで、米国もそちら頼みに見えますから。

国際宇宙ステーション(ISS)に宇宙飛行士を送る時は・・ね。

だから、中国も安全面で真似しようと、思ったのかも。

 

f:id:masacchikun:20180316220325j:plain

 

さておき、中国の宇宙ステーション『天宮1号』に戻ります。

こちらは、2016年から制御不能ですよね。

 

要はアンコントール下で、あとは「野となれ山となれ」と言った感じで、地球に再び、大気圏再突入へ。

それまで「知らん」と言った状態で放置されていたわけですね。

そして、それが終了するということ。

 

これが誰に被害を与えることなく、淡々と消えてくれれば問題はないのでしょうけど。

船体を構成する物質にやや問題があるものがあったりとか、大きさが並みの宇宙船を超えるため、大気圏で燃え尽きることなく落下する部分もあるとのこと。

こうした点で、とにかく厄介な存在になっているわけです。

 

それに、避難するにしても、情報がなければ対処できないよね。

国会では今日も財務省の理財局長に亡くなった方に関して、質問する野党の国会議員がいたけど、やるべきことはそういうことではなくて、日本、そして世界に及ぶ危難・危害に「どのように対応するか」、それが肝要と思いますけどね。

どうなんでしょう。

結局、最後は政治に目が向いてしまったけど。

 

世の中、危険なことが多いのだから、そちらを解決する方向に偉い人は向いて欲しいよね。

そう思うばかり。

 

今回は短く、ここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。