マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

JALもANAも台湾表記、頭に中国付けた! この先、台湾、日本も同じ?

 

マサッチクンです。

 

今回は先日取り上げた

台湾を中国(台湾)表記にする件で

いろいろ発展して思うことです。

 

実は、ちょっとこちらに気が付かず

見過ごしておりましたが

 

JALもANAも結局

中国路線の確保のためか

台湾表記をやめています。

 

中国や香港向けの

中国語の公式サイトでの表記です。

(日本語、英語サイトでは変更なしの様子)

 

つまり、中国当局の要求どおり

中国の一部として扱う

中国(台湾)表記せざるえないと

 

「背に腹は代えられない」

と、結果、台湾を見捨てた様子。

 

また、日本政府もゴニョゴニョと

一応、中国に向けて言ったようです。

 

19日、菅官房長官、これに関して

あれこれ、言っていましたから。

 

ただ、あまり強く言えば

中国に進出した日本企業への仕返しも

考慮されるわけで

なにか、言いにくそうな感じ。

 

※ 米国政府とはだいぶ姿勢が違う様子。

 

こういう状態になると

非力なものは、やはり力のある者には

黙っていないとダメなのか!

と、そんな思いにもなる次第。

 

ただ、話は台湾。

戻します。

 

それで、台湾はこの現状に我慢できず

JALとANAに噛みついたようです。

 

ところが、今度は、なぜか

中国外務省の耿爽副報道局長が一蹴へ。

中国、日本が言いにくいのであれば

「俺が言ってやるよ」

ということかもしれません。

 

すでに宗主国様?

 

でも、台湾は自分たちの世界を守ろう!

としている。

 

それはよくわかる一事です。

 

そこで、つい、考えることが

もし、仮に、日本が中国に飲み込まれる時が

来たなら

 

日本政府と日本人は

台湾同様の気概を持てるか、どうかですね。

 

どうでしょう。

 

まあ、こんなこと考える人は

そんなに多くはいないと思うので

「オマエ、何、言ってんだ」

となるでしょうけど。

 

とはいえ

僕は・・また、「もし」がつきますが

中国の影が今以上に色濃くなったら

日本はあっさり、主権を渡すと思っています。

 

外国人労働者もその時は

今以上に増えているでしょうし

何かと、日本国内も騒がしくなっている

と思いますよ。

(今は在日外国人も地方公務員になれます。)

(地方公務員の国籍条項が条件付きで撤廃!)

 

政府が案にしても、あと50万人

外国人を入れる計画は、2025年までに

とありますからね。

 

また、尖閣にしても

中国と一時的に交戦しても

継続はできないでしょう。

 

確かに、これはあるかもしれません。

 

先日見た、テレビのTVタックルで

海自の潜水艦が映し出され、日本は優秀とか

言っていました。

 

おそらく、それは事実と思いますけど。

いや、思いたいですね。

 

でも、それを支える日本社会が

フニャフニャに見えますから。

 

よく言われる継戦能力はないでしょう。

 

戦争にならずとも、緊張状態が長引くと

国民生活が苦しくなって

 

内側から「やめて」

「日本も中国になればいいじゃん」

といった声も出るのでは・・?

 

でも、その結果

日本は日本ではなくなり

日本人のものは中国のものになる!

と思いますよ。

 

これは、普通、人って

そもそも苦しくなると、逃げたくなりますし

その先を考えられなくなる面もありますから

誰が悪いとも言えませんけど。

 

ただ、そういう状態になるまで

放置した点で

日本国民全員が悪いとは思っています。

僕も悪者・・です。

 

そこで、立憲民主党など民民一派は

中国寄りの政権を作るチャンスかも?

 

そんな感じで、今の台湾を見ていると

思うわけです。

 

それで、少々、僕は先走りながら

さっさと家を売って、金に換えて

日本があるうちに、移民しようかなんて

突飛な発想も広がっている次第。

 

なぜなら

日本があるうち

主権が曲がりなりにも

存在している時でないと

移民にならないでしょう。

 

なくなったら、難民だもの。

これも情けないけど・・。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。