マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

スターウォーズ、エピソード7でカイロレンに倒れたハンソロでスピンオフが出るって! レイア姫に出会う若い時、気にはなるよね!

 

さっきね。

何気にツイッターの中を彷徨っていた時にであった話。

 

スターウォーズって、また夏に劇場公開の予定があるようで、しかもね、ハンソロを主人公に置いたスピンオフ作品『ハンソロ』の準備が進んでいる様子。

※ エピソード7で息子のカイロレンに倒れたハンソロでしょう。 

 

つい、先日エピソード8を見たばかりなんだけど、忙しいというか、早いよね。

エピソード8は確か、このタイトル『最後のジェダイ』なんだよね。

これは2017年12月15日、世界同時公開だったヤツ。

(まだ、上映しているって、3月8日まで。)

エピソード7と同じだよね、同時公開は。

 

さておき、今度の『ハンソロ』だいぶね、時代が違うでしょう。

だいたい一年ほど前にあった『ローグワン』と重なるぐらい、エピソード3以降

エピソード4の間なんでしょう。

・・と思っています。

 

ここで、今までのスターウォーズの作品を並べるとこんな感じ。

 

  1. エピソード1 『ファントム・メナス』(1999年)
  2. エピソード2 『クローンの攻撃』(2002年)
  3. エピソード3 『シスの復讐』(2005年)
  4. エピソード4 『新たなる希望』(1978日本、1977年米国)
  5. エピソード5 『帝国の逆襲』(1980年)
  6. エピソード6 『ジェダイの帰還』(1983年)
  7. エピソード7 『フォースの覚醒』(2015年12月)
  8. エピソード8 『最後のジェダイ』(2017年12月)
  9. スピンオフ  『ローグワン』(2016年12月)

 

とにかく、今度のハンソロは若いとありますからね。


誰が演じるのか?

はじまりはチューバッカと出会った頃?

それとも出会う前から?

見るまでわかんないけど、とにかく、ポスターが今日、解禁となっていたので、少々気

持ちが先走って、あれこれ表している次第。

 

ザクッと見ると、ハンソロはレイア姫と出会う前に、ちょいと好きになった女性がいるみたいですね。

ですから、こちらの女性とあれこれストーリーは膨らむのでしょう。

※ 名前はキーラとあります。

 

また、ミレニアムファルコンはもともと、先に持ち主がいた様子。

「そうだったのか?」という受けとめですけど。

「話は膨らむなあ」という感じ。

youtu.be

そんでもって、その持ち主から譲り受けるのかどうか、そのあたりの流れはわかりませんが、ともかくハンソロのものになる過程も表されるのでしょう。

ちなみに全然話は飛びますが、スペースX社の宇宙ロケット『ファルコン9』などの名称ファルコンは、このミレニアムファルコンから取ったものですね。

 

この話は結構前からあったものですが、米国って「夢、語るなあ」って感じでしょう。

 

話を戻しますね。 

それにしても、ハンソロと言えば、僕的には、さっと思い浮かぶはハリソンフォードなんですよね。

 

この方、俳優、役者さんになる前はカーペンター、つまり大工さんだった!とあります。

ですから、当時エピソード4が公開以後、最初はあまり目立たなかったと思いますが、ある時、大工さん云々と話が盛り上がった時期もありました。

 

と言っても、米国のムービースターの番組の中ですけどね。

しかも、スターウオーズ、当初はハンソロ、ルークのどちらを強調して進めていくのか、そんな話も出ていましたね。

※ ルークスカイウォーカー・・マークハミル

これはのちの映画評論雑誌にも載っていて、ルークを演じていた俳優さんが怪我をしたので、ハンソロが一馬身ほど前に出るようになったとか。

 

僕の記憶が確かなら・・大丈夫と思うけど・・ね。

 

結構、頭を振って、過去を取り出すと、興味深い登場人物ではあるのです。

また、1978年3月、エピソード4がスターウォーズとして、はじめて公開。

その時にミレニアムファルコン、チューバッカともども登場へ。


それから数えると、俳優さんは別として、登場人物としては40年も名前を知られ続けていることになりますね。

すごいよね。

40年だもの。

 

この調子だと、デイズニーはスピンオフをこれからも作るでしょうから、50年、半世紀は少なくとも人々に知られる名前になるかも。

その意味でも興味深いのです。

 

と、こんな感じで、頭に浮かぶまま表してみました。

ちなみに、スピンオフの『ハンソロ』は6月29日公開の予定とあります。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

また、見てください。

では。