マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

奨学金借りた場合、大学、卒業しても自己破産から!中途退学だったら、なお悲惨かも!(その3)

 

今回は「奨学金で自己破産した」を聞いて思うこと。
朝日新聞にあったもの、「父さんごめん」の見出し付き。
 
これは大阪の実家から私立大学の国際関係学部に通って、卒業後三年半で、奨学金を返せず自己破産したというもの。
 
  1. 入学金30万円
  2. 毎年100万円の授業料
  3. 通学費
 
在学中に合計800万円を超える金額を借りていたというのです。
すごいよね。
 
僕の通った時代とは違うこと。
それはよくわかります。

とにかく、世の中、大学受験で悩む人はいると聞きますが、出た後も悩むということ。
では、今回は最終回、僕の存念という名のガスを吐いていきます。

 

f:id:masacchikun:20180223190429j:plain

 

4 学力不足だった学生の奨学金受給

 

ここで再び奨学金に視点をあてて考えてみましょう。

お勉強でちょっと困る、学力不足の学生さんが奨学金を頂戴したら、どうなるか?
これを考えてみます。

まず、望ましい形はこちら。

 

とにかく、発奮してガンバルマンへ。

1年生の時から授業を欠かさず出席、内容もビシバシと理解できる!

進級も滞りなく各年次のカリキュラムをこなして卒業試験に到達します。

そして、卒業へ。これなら、バッチリとなって、問題はないでしょう。

 

確かに、奨学金は借金となり、社会人になってから返済する義務はあります。

ですが、それは有効に扱われたものになるでしょう。

もっとも、そうであっても、今は大変な時代でしょうけど。

 

でも、それ以上に大変に映るのがこっちですよ。

僕のイメージではありますけど。

こうなったらどうします?

途中でお勉強についていくことができず、つまり進級できず、学業を放棄、中途退学の

道を選択せざる得ない場合。

 

この場合、退学したからと言って、奨学金の返済がなくなる!なんて話は聞いたことはありません。

しかも、借りた奨学金に利息がついて、返済をしなければならないのです。

これは不幸なことでしょう。

 

別に奨学金を悪者にしているわけではありません。

注意しましょう!ということ。

借りられるから、目いっぱい借りよう!という考えは持たない方がよいでしょう。

少なくともね。

 

そこで、奨学金の返済金額、借金が、それほど問題であれば。

また、借りることを前提にした進学であれば。

進学したい入学希望者、受験者はもう少し、慎重になって、私立大学を見定める必要が

あると思うのです。

(国立、公立であれば、問題ないでしょう。防衛大学校、海上保安大学校は、なおさら心配いりませんよね。国家公務員です。)

 

では、どうするか?

それは、入学・受験希望の大学が私立大学であれば、その誠実度を調べてみてはどうでしょう。

と、思うのです。

 

ここで、ようやく、これに到達しました。

それが、オープンキャンパスで留年者の状況も確認してみては、いかが?
ということ。

よき私立大学は、答えてくれるでしょう。

f:id:masacchikun:20180223184133j:plain

 

5 留年者数を知ることがポイントかも!

では、何を聞くか?

先ほど触れていますけど。

各学生年次の留年者の滞留状況を質問してみたら、と思うのです。

特に1年次の留年者状況を少なくとも過去5年ほど(6年制は7年ほど)さかのぼって、問

いかけ、示してもらってはどうでしょう。

 

各年度の1年時の学生には、新たな入学者と2年に進級できなかった留年者がいると思われますから、1年生全体に占めるその留年者の割合を教えてもらうのです。

 

この数字が極端に大きければ、大学のカリキュラムをこなすことができない学生が多い証左と読み取れるでしょう。

そして、カリキュラムをこなせる学生を選抜するための入学試験があやしい?

本来、大学が望む合格基準点に満たない学生さんが入ってきていた、合格させていた可能性があると思われるのです。

 

ここでの留意点はほかにもあります。
留年した学生さんに関し、留年がはじめてなのか、どうかも重要なポイントでしょう。

実際にいるか、いないか、それはわかりませんが、聞いておくに越したことはありません。

繰り返し留年する学生さんがいたとすると、迷路に入ったも同然でしょう。

 

この場合、いずれ中途退学することも考えられますから、この数が多いとなると、学生本人の修学姿勢によると見つつも、大学側の入学試験制度に対しても疑念を感じますよね。

 

さらに、もし、留年でも奨学金を受けられる制度があるならば、大変な事態が生起するものと、僕の目には映ってきます。
合わせて、奨学金制度も確認した方がよいでしょう。

 

ともかくも、大学でわが子を学ばせる親御さんにとって、子はもちろんのこと、親御さん自身を守ることにもつながると思いますから、是非とも考慮してはいかが!と思う次第。

 

また、付言すると、オープンキャンパスはひとつの大学だけでは比較ができませんので、複数見てみましょう。

 

特に質問への受け答えはポイントでしょう。
教職員は顔も姿も違うのですから、必ずや差異は出ると思われます。

もし、言葉を濁したり、はぐらかしたり、ごまかしたりなどの答え方をするところは、誰であろうと警戒した方がよいかもしれません。


基本、誠実なところは、担当が質問を受けてわからずとも、その場合、わかる人に話を持っていくと思われますから。

答えようとする姿勢は持っていると考えられます。

 

そして、今ここで挙げた留年者の状況、留学生の状況などは、文部科学省のホームページを見ると、次のような統計調査を行っているとあります。

ですから、大学に問い合わせをすれば回答していただけると思うのです。

 

『大学設置履行状況等調査』

(大学等の設置認可・届出制度)

大学設置等の認可、届出後の認可又は届出時内容の履行状況の確認を行うとあります。
(学生の入学状況、教員の就任状況など、設置計画記載事項の遵守状況を見るようです。)

これは4年制、6年制とその修学年次期間を一通り(最初の一年生が卒業するまでの期間、毎年定められた項目で回答。4年制は4年間、6年制は6年間)行う調査のようですが廃棄はしないでしょう。

過去資料ですからね。

 

続いて、こちらもあります

『学校基本調査』

(学校教育に関する統計調査 )

学校数、在学者数、教職員数、学校施設、学校経費、学生の卒業後の進路状況などの調査を行うようです。これは毎年ですね。

ということで、大きいものはこのとおりかと。

 

また、ほかにもあるようなので、一応この手の統計調査名称だけでも承知して、オープンキャンパスに臨めば、大学側も軽々な物言いはしないと思います。

加えて、第3項の終わりでも触れましたが、『入学年度ごとの卒業者数』の確認も重要です。

妙な表現ですが『残存率』を承知することは重要でしょう。

 

単純な見方と思われるでしょうけど、しかし、入学者数と卒業者数の違いを承知することは、大事と思いますよ。

大学生活を続けられるかどうか、推し量る一つの目安になると思います。

なぜなら、少なくとも、適正とされる入学試験制度で選ばれた学生が入学し、至当なカリキュラム教育を受けてどれだけ卒業したか、その判断材料にはなるでしょう。

 

もっとも、これも途中で触れていますが、国試のないところはレポート提出などの代替評価で、最低点を授ける!

これもないとは言い切れませんから、すべての大学には合致しないかもしれません。

ですが、国試のある大学は、そのように見なせると思います。

 

さらにここで、もう一つ、この仮説も・・仮説ながら、大学受験を経た者の一人として、ポイントと見ております。

 

『国試を要する私立大学の偏差値が意外と低く、卒業者の国試の合格率がほかのいわゆる偏差値の高い大学と変わらない、あるいはそれに準ずる場合、何かある?』


こういう場合は絶対とは言えないでしょうけど、要注意、調べた方が賢明かと。

当該年度の入学者数と比較して、卒業生の数が極端に少ないと思われますから・・ね。

 

ところで、なぜ、私立大学の範疇で卒業後の国試結果ににこだわるのか?

どうして、そのように捉えるのか?

お答えしましょう。

 

それはですね、その系統の大学は学資(学納金)がかかる!と思うからです。

少なくとも安くはないでしょう。

 

とにかく、大学へ納めるお金が多い!

結果、奨学金を多額に借り入れる!

その可能性が高いと思うからです。

 

そこで、ここに思いが至るのです。

ドロップアウトになったら、少なくとも20代は棒に振るかもしれないとね。

数10万円とは思われませんから。

 

ということで、今回、尋ねられたことが契機ではありましたが、存念を吐かせていただきました。

f:id:masacchikun:20180223173423j:plain

 

6 悲惨を避けるため・・

 

まとめますとね。

仮定ではありますが、私立大学の入学基準、合格基準点の操作で、学力不足の学生さん

まで入学したら。

悲劇の一つに、中途退学もあって、こんなことが考えられるということ。

 

〇 大学のお勉強で、つらい思いをすること。

ついていけないのだから、これってイヤでしょう。

〇 退学しなければならない精神的苦痛

挫折はいかなる理由でもつらいよね。

〇 20代に差し掛かるかどうかの時期に債務を負うこと

借入金額にもよるけど、再出発に影響あるよね。

 

ともあれ、私立大学を考える進学希望者(入学希望者、受験希望者)はよく調べた方がいいよね。

私立大学が悪いとは言わないけど。

 

18歳以下の人口減少が激しいことは事実だし、当然、私立大学の場合、存亡の危機のところもありと映るわけで、極端に留学生を増やすか、合格基準点に達しない受験者を入学生として取り込むこと「やむなし」は、想像に難くないと思われますからね。

 

また、親御さんもね。

今や、奨学金で自己破産をする時代、お子さんともども自分で自分の身を守るべきと思うのです。

 

それで、最後にもう一度、進学希望者はオープンキャンパスなどで情報を集めた方がよいでしょう。

なお、僕は決して私立大学に悪意を持つ者ではなく(特に好意も持たないけど)、奨学金で悩める人が少なくなるならばと、一考してみただけにすぎません。
それを付言して終わります。

f:id:masacchikun:20180223174116j:plain

ということで、今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

また、見てください。

では。

※ ここにある内容は私見です。参考程度に捉えてください。