マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

奨学金借りた場合、大学、卒業しても自己破産から!中途退学だったら、なお悲惨かも!(その2)

 

今回は「奨学金で自己破産した」を聞いて思うこと。
朝日新聞にあったもの、「父さんごめん」の見出し付き。
これは大阪の実家から私立大学の国際関係学部に通って、卒業後三年半で、奨学金を返せず自己破産したというもの。

 

  1. 入学金30万円
  2. 毎年100万円の授業料
  3. 通学費
 
在学中に合計800万円を超える金額を借りていたというのです。

すごいよね。
僕の通った時代とは違うこと。
それはよくわかります。

とにかく、世の中、大学受験で悩む人はいると聞きますが、出た後も悩むということなんでしょう。
では、今回は二回目です、僕の存念という名のガスを吐いていきます。 

 

f:id:masacchikun:20180223184520j:plain

 

3 入学者は欲しいが、卒業時の国試も気になる大学

 

今回も仮定からはじまります。

まずは、このように考えてみます。
学力不足の受験者が入学定員確保のため合格した場合。
その後を考えてみます。

基本、学力不足の学生さんは大学の正規のカリキュラムについていくことは難しい面もあるのではないでしょうか。

いささか失礼な表現とは思いますが、不幸な人を減らすためには現実直視は必要と思うのです。

だって、学力不足なんですから。

(僕に言われて腹だしいでしょうけど、悪意はありません。)

 

とはいえ、大学側が補備教育、いわゆる補講を行うなら別です。
しかも、高等学校教育の補講を行うなら・・デス。

多少はそちらの学生さんにも望みが開ける状態になるかもしれません。

ですが、そうしたところはあまりないでしょう。

補講に向かった教職員の雇用も大学には必要となるでしょう。

経費が増えますよね。

 

加えて、そもそもの話として、文部科学省が定める大学設置基準の考えと合致しているのか?

それも不明ですよね。

カリキュラム構成において、「何で大学で高等学校の教育をやるの?」ってことにならないでしょうか。

それに、補講自体が当該大学の入学試験制度がおかしい!と認めるものにも映ってきます。

 

したがって、大学としてはあまり大っぴらにしたくないところであり、この部分での期待はそれほど大きくないと思われるのです。

ということで、話を戻しますと、ともかく、この状況では1年生時からお勉強についていけない留年予定者を抱えることになる!
そう捉えても不思議ではないでしょう。

 

要は、合格基準点を下げて、その下げた枠の中で入学した学生さんは、留年予備者の可能性が高いのではないかということ。

f:id:masacchikun:20180223174116j:plain

でもね。
卒業後に国試、これは国家試験のことですが、医師や薬剤師、今騒がれている獣医師もそうですね。
こちらの場合を除けば、大学のさじ加減で卒業は可能でしょう。
大学の定期試験で不合格であっても、レポート提出などの代替評価で、最低点を授ける!
そんな処置も可能と思われます。(僕もできが悪いので、経験あり。)

 

ですが、国試はそうはいきません。
私立大学の場合、単に卒業させて、そのまま受験して落ちたら、大学の名に傷がつき、その後の学生募集に影響も出るでしょう。
そのように考えます。

 

というのか、医者になった同級生から、そのように聞いたことがあるんだよね。
僕はそれまで、単純だから、医学部に行けば、皆さん医者になると思っていたのだけど。
必ずしもそうではないってこと。

 

脱線しましたが、ともかく、これがあります。

『国家試験合格率』

私立大学の入学希望者、受験生を呼び込むための魔法の言葉。

これは言い過ぎにしても、大学の名を売り込むための言葉にはなるでしょう。

 

となれば、国家試験の合格率を下げるかもしれない卒業者数は減らしたい。
卒業者数の分母を減らせば、合格率に反映できるでしょう。
受かりそうもない学生には留年してもらって、学力をカリキュラムの期待値にまであげてから、卒業して欲しい!

これは大学側の願いでありましょう。

 

でも、それならね。

そうしたことも含めて、話をして欲しいものです。

大学に入学する前に、受験する前に、ですよね。

 

それで、そうしたことも含めて、さりげなく聞くのです。

各入学年度の入学者から、カリキュラム年数で卒業できる学生さんはどのくらいいるか?

これを聞くと、残存率ではありませんけど。

当該年度の入学者のレベルがそこはかとなくわかるとは言えましょう。

ですから、私立大学のオープンキャンパスに行くこと。

 

それもただ、見るだけではなく、質問をするのです。
これが受験者とその親御さんがまず大学を知る一番の近道と捉えます。
それでは、次々回へ。

f:id:masacchikun:20180223184133j:plain

ということで、今回はここまでです。
お付き合いいただき、ありがとうございます。
また、見てください。
では。

※ ここにある内容は私見です。参考程度に捉えてください。