マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

ツイッターって、すごくない!!! 報道メディアが取り上げない『連帯ユニオン(関西生コン支部)家宅捜索』に触れている!

 

昨日はこんな事件というか、事案があったようです。

朝まで知らなかったですね。疎かったー!という感じ。

これですよ、連帯ユニオン(関西生コン支部)家宅捜索の件。

 

f:id:masacchikun:20180314122125j:plain

ちなみに、ユニオンって、一般的には労働組合のこと。

ただ、連帯ユニオンは少々荒っぽい印象が付きまといます。

(少々だけではないかもしれないけど。)

それで、連帯ユニオンを、ツイッターなどから拾うと、こういう感じ。

 

今回の家宅捜索対象は『連帯ユニオン関西地区生コン支部』であり、その元締めは武健一氏。

とにかく、今までの政治がらみのホコリがゴホンゴホンと出てきそうなので「警察、ここはしない」と思っていたのですが、やる時はやるようです。

 

そして、僕自身は昨夜、政治ネタに関して「疲れた」っぽいことを発しましたが、どうも今朝の報道、ツイッターから、ムクムクと好奇心は沸き起こるのです。

ですので、少々掘り起こしてみます。

 

別に嬉々としているわけではないのですが、片方だけに偏って見えた世界が、少々是正されるかに映るためか、僕は今回の件、是として受け止めているのです。

 

そこで、もう一度、ツイッターなどを見ると、昨日の件はこのとおり。

まずはこれ。

大阪府警と奈良県警の機動隊が合同で大阪の連帯ユニオン(関西生コン支部)へ家宅捜索に入ったのです。

 

連帯ユニオンで思い出すのは、何気にそのロゴが立憲民主党と似ていることでしょうか。

これ、僕だけかと思ったら、結構気が付いている人、いますよ。

「よかったー」(何がよかったのかと、問われそうですが、でも、そんな感じ。)

もし、これをご覧になって興味を感じたら、比較すると面白いですよ。

 

と、話は飛びましたが、潰された会社も多いと言われる連帯ユニオンが機動隊レベルで捜索を受けたこと。

 

すごいですよね。

ほぼ丸腰に見える捜査員ではなくて、警察レベルの武装を持った機動隊員が立ち入ったわけです。

この警察の姿勢を見るだけでも、いかに連帯ユニオンが「怖い」存在か、想像に難くないでしょう。

 

警察も並みの対処では危険と判断するから、このような形態になると思うのです。

 

f:id:masacchikun:20180314122635j:plain

※ 実際はここまでではない様子。イメージです。 

 

それにしても、ツイッターではこの話題でかなり膨らみ、内容の厚みを増しています。

しかし、報道メディアの扱いは目に留まるレベルでは今のところないですね。

忖度しているのでしょうか。

この場合は、報道メディアが野党六党に対して忖度・・デス。

野党六党はおなじみのこちら、民進党、希望の党、立憲民主党、自由党、社民党、共産党のこと。

 

また、今回は特に立憲民主党、社民党ですね。

 

なぜなら、連帯ユニオンと言えば、だいたい今まで辻本清美氏が関西生コン絡みで、話題になることが多いものです。

大阪維新の会の足立康史氏も何度か取り上げていました。

また、福島瑞穂氏のMK運輸の話もあります。

こちらは場所が奈良でしたね。

 

あー、それで、奈良県警かも。

となると、かなり福島瑞穂氏、怪しいと睨まれていたりして?

こんな感じで、この両者の名前も出ますから、結構承知の方は多いと思うのです。

 

ところが、昨夜の警察の動きに関し野党六党と連携した動きに見えるテレビは頬かむりの姿勢。

ですので、基本、森友学園に集中、野党六党の「何とか安倍政権を叩き潰したい!」のみが、多くの人々の目に触れるものと思われます。

しかし、それでも、ツイッターの動きを見ると、何らかの変化が起こりそうな気もします。

 

こうして思うことを並べていますが、現状から、事実情報の伝達の姿を考えると、報道の既存メディアは、その多くが偏った思考の人たちに握られているのではないでしょうか。

 

一方、ツイッターは片方のみの発言、主張のみではなく、複数の声が混ざっています。

そのためか、様々な意見がいくつかの収束した思考の流れを生みだしていると思われます。

(少なくとも僕はそのように捉えています。)

 

続いて、それらを選択し活用できるので、ツイッター情報の方が信頼度高く受け止められると思うのです。

ふるいにかけられますから、テレビ、新聞は一歩通行でしょう。

選択の余地がありません。

 

皆、ほぼ同じ方向を向いていますからね。

(産経新聞だけが少々独自の姿を持っていると思われますが。)

早い話、ツイッターの方が既存の報道メディアより、まともに相手ができるということ。

 

ですからね。

昨日の『連帯ユニオン(関西生コン支部)家宅捜索』に関して、ツイッターで膨らむ意見・主張はかなりのインパクトを持つと言えるでしょう。

 

したがって、報道メディアは今回の捜索の件を、単に森友学園の土地購入に関わる野党追及、これに与するかに見える報道メディアへのけん制と捉えるのではなく、自らのあり方を考えるべき機会にした方がよいかも。

 

f:id:masacchikun:20180309084321j:plain

 

ということで、ツイッターでの表現者以上の人々が、今回の家宅捜索に関心を持っていると見るべきもの。

引き続きの注視対象でしょう。

立憲民主党付近から今後への新たな変化、動きが見られるかもしれません。

そこは憶測ですけど。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。