マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

ポンペオ国務長官は『ロケットマン』渡せず! トランプ大統領の狙いは?

 

マサッチクンです。

 

今回は、6日、7日

ポンペオ国務長官が平壌を訪問した際

 

同長官が、トランプ大統領から預かり

金正恩委員長へのプレゼントとして持参した

エルトンジョン『ロケットマン』の行方。

これに関して・・触れてみます。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

どうもですよ。

あれ、結局、渡せなかったようですね。

聯合やら産経に出ていましたけど。

 

ということは、報道にあった

ポンペオ国務長官が金正恩委員長と

会えなかった話は事実!

となりますよね。

 

でも

米国の本音はどこにあるのでしょう。

単に、じらしているのでしょうか。

 

6月12日の米朝首脳会談では

はればれとした雰囲気を作っておきながら

 

どこか、フザケた面も映る

『ロケットマン』を携え、平壌に入れば

トランプ大統領自身ではなくとも

金正恩委員長の癇に障ることは

想像できますよね。

 

仮に、同委員長に会う意志があっても

事前に『ロケットマン』がプレゼントとして

渡される話が耳に入れば

いぶかし気に受け止めるでしょう。

 

いくら、シンガポールでの約束とはいえ

「マジか」・・と。

 

そして、昨年の9月を思い起こし

瞬間湯沸かし器になってもおかしくない!

と思うのですが「いかに?」って感じ。

 

そもそも、もとから

ケンカを売りに行ったのでしょうか。

 

また、北朝鮮は

ポンペオ国務長官が平壌から離れると

さんざん、米国へ向けて

悪態をついていましたよ・・ね。 

 

それでも、先日、この件に触れた時

米国は、北朝鮮に中国から離れて

「こっちこい」と誘い感覚かな?

と見なしていましたが・・

 

今は、まったく、予測がつきません。

もっとも

わかったら、逆におかしい・・でしょうけど。

 

さらに、なびかせる要因と見ていた

米中貿易の関税強化合戦

 

こちらは、そもそも

中国の米国への輸出超過が引き金です。

 

ところが、中国は

米国による関税強化の対象金額以上の

金額まで

報復の関税強化はできないわけで・・

 

すでに、この戦い

米国の勝利にも見えるのです。

(双方の輸出額だけ捉えればの話。)

 

となると

ことさら、北朝鮮のご機嫌を取る必要はなく

アメをなめさせたらムチ

次はアメという感じで

飼いならす考えでしょうか。

 

不思議ですよね。

 

そこで、ポンペオ国務長官が暗愚で

空手で帰国するとは思えないだけに

何か仕掛けをしているのでは

・・と

より先走って、考えてしまうのです。

 

とても、興味深い話に映りませんか。

 

もしかしたら、関税強化で中国を叩いて

対北朝鮮で「働け」と運ぶかも・・。

 

ただ、中国、北朝鮮への制裁に関して

すでに緩めているともありますから

どうなるやら、わかりませんが

 

意外と、『ロケットマン』のCDが

鍵だったりして

とにかく、本当にトランプ大統領が渡すのか

しばらく、注目かな?・・と。

 

今回はここまでです。

ちょっと、あれこれ考えているうちに

まとまらなくなりましたが

 

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。