マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

韓国仁川の富士ゼロックスの工場閉鎖から、ほかの日本企業も倣うべき、在韓邦人の減少は望ましい!

 

マサッチクンです。

 

今回は韓国仁川に展開する

富士ゼロックスの工場閉鎖に関して

少々思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

はじめに

閉鎖の時期は来年、2019年の3月と表れ

閉鎖は富士ゼロックスの経営基盤整理のため

いわゆるリストラの一環としてなされるもの。

 

さらに、該当工場は小型コピー機を主力に

生産を行っているとありますから

昨今のペーパーレス化の波をかぶった!

そんな感じかもしれません。

 

ですが

場所は韓国ですから・・ね。

 

最近の自称徴用工による

日本企業への賠償訴訟関連の影響も

あるのかもしれません。

 

「ややこしいこと言うから、かかわらんとこ」

って、感じかと・・も思いますが

いかがでしょう。

 

基本、韓国

今後何を言い出すかわかりませんし

かわいげもないでしょう。

 

となれば

 

「どうせ、リストラせにゃならんのなら」

「面倒くさいところから切っておこう」

と、経営側が考えてもおかしくはない!

・・と思うのです。

 

ともあれ

仁川工場は富士ゼロックスの日本国内外

10000人削減対象に組み込まれ

そこで働く約180人の多くは解雇へ

・・と進む様子。

 

労組は反対をしているようですが

今さら、何を言っても仕方なし!

・・ですよね。

 

日頃から

「ここは絶対大事」

と見なされる姿勢を持つとともに

その積み重ねが必要であった!

・・でしょう。

 

詮無きことに映るのです。

 

なお

こうした傾向をほかの日本企業も持てば

いざ、半島有事が生起した時は

今より在韓邦人の減少が考えられます。

 

その際、日本政府が行うべく

邦人の生命財産を守る行動がより集中し

適確に行うことができるのではないでしょうか。

 

つまり、日本企業の撤退は望ましいかと。

 

とにかく、何と言っても 

自衛艦旗を掲げて、韓国の港に入り

邦人救出の動きがし難い現状ですから・・。

 

日本政府も考慮すべき対象が多くては

身動きが取れないは言い過ぎにしても

重い動きしかできないでしょう。

 

そう思うばかり。

 

今回はここまでとなります。

(また、韓国を対象に取り上げましたが・・。)

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。