マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

習近平国家主席はくまのプーさんが嫌いらしい? 実写化映画ダメって、包容力ないね!

 

マサッチクンです。

 

今回はくまのプーさん実写化映画が

中国で受け入れられなかったことに関して

少々思うことです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

題して

習近平国家主席はくまのプーさんが

嫌いらしい?

・・で進めてみます。

 

これは8月7日のBBC報道に次の趣旨で

表れていました。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-45093550-bbc-int

 

詳細は引用元の記事をご覧になることを

お勧めしますが、ザクッと表せば

こういうことでしょう。

 

中国はディズニーの実写化された映画

『プーと大人になった僕』の中国公開を

ダメにした・・と。

※ 原タイトル:Christopher Robin

 

そして、傍から見ると

「まあ、ええんちゃうの」

「目くじら立てんでも」

と思うわけですが

 

どうも、中国は寛容性が乏しいのか

包容力がないのか

イヤらしいのです。

 

そこで、どうしてかな?

と思い、記事をもとに

いくつかツイッターの投稿を見ると

「ああ、なるほど」

となります。

 

習近平国家主席に似ているし

カッコ悪い存在に見ようによっては映るし

ちょいと政治的には具合が悪い?

・・ってなことかもしれません。

 

たとえば、その一つがこちら。

米国経済誌

ウォールストリート・ジャーナルの記者が

ツイッターで表したもの。

秀逸でしょう。

 

 

でも、政治的な意味合いで

反攻的なシンボル扱いか?

と思われる行為(公開認めず)は

やりすぎですよね。

 

それに、こんなアニメのキャラクターと

比較されることは

決して悪いことばかりでもないでしょう。

 

凡人の僕はそのように受け止めますが

どうでしょう。

賢明な方々はどのように思われますか。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。