マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

北朝鮮の建国70周年記念日、弾道ミサイルのパレード参加がなかったら、米国への配慮なの?

 

f:id:masacchikun:20180327090203j:plain

 

マサッチクンです。

 

今回は北朝鮮の建国70周年記念日で

「弾道ミサイルのパレード参加がなかった?」

と伝えられることに関して思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

これって、どう見なされますか。

 

僕はいつもの無手勝流で、こんな感じに

受け止めております。

 

おそらく、報道で上がる弾道ミサイルは

ICBMを指しているのでしょう。

(直でICBM表現を用いるところもあります。)

 

特に、多くの報道メディアが強調したい点は

記事を見る限り

● 金正恩委員長の発言がなかった!

● ICBMがパレードにない背景は何だ?

 

そして、これらから

「北朝鮮は米国を刺激するつもりはない」

と言いたい様子。

 

ですが

過去の北朝鮮の秘密主義と言いましょうか

隠密・秘匿度の高そうな社会からイメージすると

 

すでに、北朝鮮は実戦配備中として

怪しげなものは手元で暖めることなく

コッソリ運用しているのではないでしょうか。

 

北朝鮮の中枢が言葉を発するならば 

「皆さん期待のものは平壌にはないのだよ」

・・が本音とも

思われるのですが、どうでしょう。

 

要は、パレードに出ないから

誇示しないではなく

同時に、非核化の姿勢を示すわけでもなく

 

それは、現実に就役済みであるので

表に出て来れない?

出せない?

 

そんな見立てができるのかもしれません。

(少々、悲観的過ぎるきらいもありますが。)

 

ただ、数量的なものを勘案すると

『パレードに割くほどの予備はない!』

とも考えることはできるでしょう。

 

そこで、話を最初に戻して

報道で見られる

北朝鮮の姿勢の見立てに意識を向けると

 

いささか、それに疑問符を多く醸し

米国への敵対姿勢を薄めている!

あるいは、米国へ気をまわした!

・・とは考えにくいと思うのです。

 

実際、北朝鮮はこの二つの国を招待して

記念日行事に臨ませたようですし・・ね。

※ 「・・したよう・・」ですけど。

 

● 中国共産党序列3位

栗戦書・全国人民代表大会常務委員長

 

● ロシアの第3位

マトビエンコ上院議長

 

何かと、そこつなく、自らのポジションを

高みの位置に置けるように立ち回っている!

と映りますが、どうでしょう。

 

油断なりませんよ。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。