マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

唐突だけど、猫もいいよね、特に幼い時は! そして、サザンの大森隆志さんの曲が浮かぶかな!

 

今日は政治の話は食傷気味なので、やんわりほんわり気分で勝手に頭に浮かぶこと。
連れの実家から帰って、ふと思うのです。

 

今に始まったことでもないけど、猫を飼う人は多いと聞きます。

確かに、外見もかわいいし、特に子猫の時はポケットに入れたくなる衝動も感じますからね。

僕的には・・。

 

でも、そんな僕が思うことと、まったく別の次元の話もあるようです。

社会一般では高齢化していることもあり、年輩者の心の癒しで飼う対象が、犬より猫へと向かう傾向が強いからとか。

 

要は犬だと日々の散歩に連れて行かねばならず。

年輩者が体力的に継続して飼うには困難、これが大きな理由の一つらしいのです。

 

また、猫の場合は食事の時以外、むしろ触れずにいて欲しいそぶりが多いとあって、あえて人があちらこちらに連れまわす必要性が少ないところも利点とも言われます。

 

「そうなのか」です・・けど。

 

とにかく、連れの実家が猫を飼っているので、顔を出すたびに猫もヒョコッとのぞきに出てくるので印象に残ってしまうのですが。

確かに、こちらの宅では放任状態。

予防接種とか、獣医さんのもとへ連れて行くこと。

そして、食べるもの、寝るところの世話はしていると映るけど、あとは自由自在だもんね。

 

f:id:masacchikun:20180314004220j:plain


散歩の手間いらずは納得、「なるほど」とうなづくところ。

 

また、話変わって、僕が近づくとどうしても警戒するのか、少々怖い顔をするけど。

きっと、今はたまに来る、単なる知らないおじさんだから、この対応は子供(人の子ですよ。)と同じかな。

でも、子猫の時はかわいいかったよね。

 

ずーっと飼っていれば、どうだろう。

僕は犬を飼った覚えしかないので、犬は常にそばにいるから。

動くと付いてくる、その印象が強いのだけど。

だから、始終面倒を見ないといけない感じを持ちます。

 

ですが、猫は独立して行動する時間も多そうに見えるので、たまに視界に入って癒され「よし!」・・。

そして、人との距離もある程度取って、なお、「よし」かも。

 

ただ、我が家は実家が猫飼いにもかかわらず、連れは猫アレルギーなので、正確には猫の毛をアレルゲンにして喘息だから、僕も猫には触れずじまい。

 

別に、連れは猫をイヤがらないけど、体質がダメ。

とにかく、連れ姉妹がワイワイやっているのを見つつ、この状況を不思議に見ているんだけどね。

 

まあ、あとで喘息発症も大変なので、遠巻きに食べ物あげて退散しますが、ともあれ、思わずナデナデしたくはなります。

得な生き物というか、かわいげがある対象なんでしょう。

 

でも、なんだろう。

猫を見ると、いろいろ連想する!

女性のキャットウォーキングとか、ふすまの開け閉めの姿とかね。

 

ちょっと視点を替えると、34、5年ぐらい前かな?

そこまではいかないか。

当時聞いた、サザンオールスターズの曲に『猫』ってタイトルのつくものがあったんだよね。

作詞作曲は大森隆志さんだったかな。

 

結構好きで、耳コピまではできなかったけど、できる仲間から教えてもらって弾いていたことがあるよね。

もちろん、ギターのこと。

という感じで、結構、猫のワードで、視界を広げれば、追いかけるところも多い感じ。

今日の午後はそれで終わり。

 

ところで、この『はてなブログ』でも猫を主体に日記形式でつづっている方もいますね。


猫の画像がかわいいので、つい見に出かけてしまうのだけど。

ああいうのはきっといいと思う。

何と言っても、話にトゲがないもんね。

と、連れの実家で目に入った猫から、とりとめもなく・・です。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。