マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

狂人か・・また、ある意味亡国ストッパー? 鳩山由紀夫氏の『竹島』は韓国領・・「米国は決めた」ツイッター!

 

今回はまた「やっちまったー」なと・・ですね。

鳩山由紀夫氏のツイッターを見て、少々思うことです。

『竹島』は韓国領・・「米国は決めた」

これ、ひどくないかい!ということ。

 

f:id:masacchikun:20180306113750j:plain

 

一応、僕も日本人の一人として、政治にはそれなりに関心は持っているので、今、日本が置かれている位置、立場は熱狂的な愛国の方々には及ばないものの、相応のものはあるのですよ。

 

だってね。

国益を損ねる発言でしょう。

それに今、日本は喫緊の課題があるのです。

日本をどうやって守るか!

 

・・じゃないんですか?

 

森友で国会の時間を使っている場合ではないのです。
あ、でも、今回、森友は横に置きますが。

 

とにかく、今の日本は北朝鮮の弾道ミサイルには叩かれても、叩き返せないわけでしょう。

迎撃ミサイルがあるとは言っても、あたるかどうかわかりませんし、それに撃ったこともないでしょう。

何が起こるかわからないと思うのです。

 

それに韓国も持っていますよ、テレビは言わないけど、産経とウイキペディア見ると載っています。

 

少々、話はあちらこちら行きましたが、要するに今の日本はとても危ない状態と思っているので、ちょっとピンカン来るのです。

 

その範疇の考えで申し上げますと。

鳩山由紀夫氏、今回の主張はよろしくないでしょう。

まず、問題となる主張はこちら。

 

同氏のツイッターから引用しています。

『竹島の日を契機に日韓関係がこじれている。私たちは歴史の事実を見る勇気を

持つべきだ。日本が受け入れたポツダム宣言により、竹島などの島々の帰属は連

合国、事実上米国が決めることになった。米国は2008年に竹島は韓国領と決め

た。当時の町村官房長官は文句を言わなかった。この責任は大きい。』とね。

 

「ほんとかよー」ってのが、はじめの偽らざる思いですね。

いつ『韓国領』に決まったの?

これが浮かぶでしょう。

 

そして『米国が決める』って?

2008年と言えば、まだ自民党政権ですよ。

『官房長官が文句を言わなかった』って?

 

「これも、ホント?」でしょう

これらは照会して確認する必要はありますよね。

特に、米国が決めたか、どうかに関して、ですね。

 

とにかく、今は『ルーピー(変な人)』と嘲りを受けようと、かつて総理大臣を務めた方です。

言葉には注意を要するでしょうし、気を付けて欲しいものです。

これでは韓国に向けて「日本に強硬に出てもいいよ」カードを、また一枚渡したのと同じではないでしょうか。

 

この時点で、政府というか、然るべき政治関係者というか、然るべき人物が鳩山由紀夫氏の「ド外れた」言動、主義主張の発信を思いとどまらせる対応が必要かもしれません。

 

それにしても、いったい何を求めているのでしょう。

誰に対して忖度し、どのように評価を受け、何を得たいのでしょう。

不思議な方です。

 

同時に、この方の存在が浮き上がるたび、多くの人々の心にですよ。

かつての「ガタガタになった日米関係」「極端な円高と株価が下がりダメダメになりかかった日本経済」「中国の日本近海進出」など、不安な時代、民主党政権時の悪夢をよみがえらせてくれるかもしれません。

 

ですから、ある意味、日本が妙な野党政権の世界に落ち込むことを防いでいる!

そのようにも映るので、『亡国ストッパー』的な存在とも言えそうですが。

ただ、これはかなりネガティブな評価です。

 

また、鳩山由紀夫氏の発言に関して、反意を示しているのは与党政権の一部の国会議員だけの様子。

これはまた、お寒い! 

野党の議員先生が先頭に立ってものをいう姿は見られません。

納得しているの?

 

ともかくですよ。

政治の世界のこういう状態は気になりますよね。 

別に、「韓国と揉めてくれ」と言う気もありませんが、何でもかんでも韓国の言い分どおりに動くのもおかしい気がするのです。

 

f:id:masacchikun:20180306113850j:plain

 

まるで、今、韓国が北朝鮮に特使を送って、あちらの金正恩委員長とお話をしている姿が妙にダブリます。

韓国には失礼ながらもそのように映るのだから仕方がないのです。 

そして、何か、韓国が北朝鮮の言い分を頂戴している姿が、そのまま今の日韓関係にも見えてきます。

 

北朝鮮>韓国>日本・・日本が一番下っ端?なんてね

 

もそっと、日本もしっかりした方がよいでしょう。
と思ったりするのです。 

もちろん、政治家の皆さんが、今のネットの国会中継を見れば、朝から夜まで大変と思いますので、悪しく言うつもりはありませんが、もうちょっと意識した姿を見せたらよいと思うばかり。

 

ともあれ、鳩山由紀夫氏、今回は、いや今回も駄目!

レッドカードでしょう。

 

ということで、つい、存念を述べました。

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。