マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

憶測で犯人にする! 立憲民主党はじめ野党が求める社会って何、リベラルって何?

 

今回は憶測で犯人にする?

立憲民主党はじめ野党が求める社会って何?

リベラルって何?

・・て、考えること。

 

f:id:masacchikun:20180405092731j:plain

 

  1. きっかけは
  2. 野党が求める社会って、何?
  3. リベラルって、何?
  4. まとめ

 

きっかけは

今朝、目に入れた記事、産経新聞ですけど。

『リベラルが作る息苦しい社会』

阿比留瑠比さんの極言御免です。

 

この方の記事は時折目を通しますが、僭越ながら今回もよく言い当てていますよね。

僕も今の立憲民主党はじめ旧民主党系列の野党、共産党、社民党、自由党の政府叩きの姿勢は疑問を感じるものを多としますから、素直に受け止めてしまいます。

 

野党が求める社会って、何?

特に問題点として挙げている部分は、財務省の文書に名が載っていた!

これから「お前は犯人に違いない」とした見方で押し通す野党各党の姿勢でしょう。

 

これでは何か、疑わしいと言われたら、言い逃れができない状態に置かれてしまう。

人々を扇動し「オマエが犯人だ」と騒げば、それが成立する社会に向かって狂奔している!

そのように見えてくるのです。

 

こんなことが世の中に定着したら、もう人など信用できないでしょう。

いつ、自分自身がどこの誰かから身に覚えのない内容で誹謗中傷を受けて、犯人扱いされるか、わからないのです。

 

まさに疑心暗鬼の社会では・・?

 

これが立憲民主党はじめ旧民主党系列の野党、共産党、社民党、自由党の目指す社会なのでしょうか。

共産党、またリベラルと称される政党の行いたいことでしょうか。

それであれば、彼らはまるで悪魔の使徒のようにも見えてきます。

なぜなら、恐怖社会にしか映りませんから。

 

まさに冤罪天国でしょう。

しかも言った者勝ちです。

 

早く、相手に罪状を示し、騒ぎ立てることによって、その色に染めあげるのです。

こんな怖いことはないと思うのですが、どうなんでしょうね。

自分自身が、その対象にされないことにはわからないということでしょうか。

しかし、それでは遅いというか、手遅れかと。

 

とにかく、今、野党と多くの報道・メディアが行っていることは、それと同じと思うばかり。

少々、きつい言葉を並べたかもしれません。

しかし、これは先の佐川氏の証人喚問時にも同様に感じたこと。

 

f:id:masacchikun:20180405092915j:plain

 

リベラルって何?

そこで、阿比留瑠比さん。

このように最後を結んでいます。

 

リベラルって何だ?という感じでしょう。

ケント・ギルバート氏『リベラルの毒に侵された日米の憂鬱』を引用して、この四つを表しています。

 

〇 腹黒くて、うさんくさい

〇 抑圧的で、批判ばかりで、うっとうしい

〇 自分たちだけが絶対的正義と考えていて傲慢

〇 口だけ達者な連中で自分の非を認めない

〇 自分の自由のためなら他人の自由を平気で侵害する

〇 現実を無視してキレイごとばかりいう

 

思わず、ホント・・だ!って感じでしょう。

立憲民主党の枝野幸男氏、辻本清美氏、自由党の山本太郎氏などは、まさにそのとおりかと。

 

なお、ここで当ブログをご覧になっている方には、合わせて産経新聞の記事を一読なさることをお勧めします。

より的確、適正に承知できると思います。

(目に入れているかもしれませんが。)

 

まとめ

それにしても、思想信条の異なる者が議論を重ねることは構いませんが、誰かを『悪』に仕立て上げて騒ぐ姿はよろしくないでしょう。

そんな人間不信を是とする!

招くかもしれない政党、政治集団はゴメンこうむりたいと願うのです。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただけた方、感謝します。

では。