マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

孤独のグルメを目に入れて思う! 社会は井之頭五郎に何を見る?

 

今回は、唐突ながらも

オジサンが食べてほっこりするドラマ

孤独のグルメを見て!

 

その人気の高さから

社会は井之頭五郎を通じて何を見る?

と思うこと。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain

ちなみに孤独のグルメはテレビ東京のドラマ

久住昌之さん原作、松重豊さんが主演のもの。

※ 主人公 井之頭五郎は松重さん

 

ドラマの中身はテレビを見ていただくとして

 

僕が思う結論を先に言えば

平和の希求 ではないでしょうか。

 

働いたオジサンが、その対価として

自分自身がおいしいと思うものを食べる。

 

それだけのことに映るけど。

 

でも、これ、当たり前に思われる話ですが

とても幸せなことでもありますよね。

 

自由ですから。

漫画本、ドラマでも表れていますが

食べる時は自由のひと時といった趣旨表現があった

と思うのです。

 

わがままになるとも・・ね。

 

そこで、少々、堅物に見えるかもしれない

僕が考えると、こんな感じ。

 

これ、平和でないと、享受できませんよ。

・・てこと。

 

そして、世の中が安定しないとね。

ドラマを見て、食事・料理の上手い云々に関して

そのあたりの受け止め方は多種多様でも

 

このドラマを好む人たちの持つ感性の根っこは

平和を望んでいるところでしょう。

いざこざがあったら

食事は美味しくないと思いますから

 

そんなふうに捉えるわけです。

f:id:masacchikun:20180411101810j:plain
そこで、再び唐突ながらも

昨今の国内のイカレタ政治家の動き

さらに今朝も触れましたが、北朝鮮の動き

それに関連したグラグラ要因を考えるとですよ。

 

平和への希求に対価が必要になるかもしれない

そんなことを、思い浮かべたりもするのです。

 

守るため、安定を維持するためには

タダでは済まないのかもしれない!

・・とね。

 

このドラマを見てほっこりできる時間が

いつまで続くのか

 

少々、危惧されませんか。

・・ってこと。

 

神経質な人間と言われそうですけどね。

 

ちょっと、昨晩の録画を見て

頭に浮かんでしまいました。

 

ボヤキですね。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。