マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

警察官が上司を拳銃で撃ち殺す! 19歳巡査、罵倒、叱責で逆上、対応は?

 

今回は滋賀県彦根市の交番で警察官が拳銃で撃たれて死亡した事件。

これに触れてみます。

 

最初の見立てとして、仲間を撃ち殺す警察官、叱責で逆恨みか?

また、19歳の巡査が拳銃で撃ち殺した!背景を頭に浮かべつつ。

この事件に鑑み、今後の対策・対応を僭越ながら考えてみます。

 

f:id:masacchikun:20180412121702j:plain

 

  1. 19歳巡査の時代背景
  2. 罵倒ではなく、指導、叱責では?
  3. 拳銃で撃ち殺すは短気の性分
  4. まとめ・・性格検査は重要

 

〇 19歳巡査の時代背景

はじめに銃を撃つ時代背景を頭に浮かべると。

忍耐への感覚が過去と変わった!

そんな時代の変化が挙げられるかもしれません。

 

今は核家族化、少子化が進んだ上で、兄弟なく、一人っ子の家庭も多いのです。

そして、友達親子の表現も生まれる世の中です。

また、家庭で親に叩かれた子供も少ないと言われます。

 

となると、幼少期から忍耐、我慢の度合いが低く育つ場合があったり。

自己主張強く、自我を通す癖のある人が誕生しやすかもしれません。

 

ただし、すべての若い人がそうとは思いませんし。

年輩者でも同傾向を持つ方がいないとは言えないので。

若い人がダメと言っているわけではありません。

 

とはいえ、時代背景を考慮すると、そうした変化も無視できないと思うのです。

 

〇 罵倒ではなく、指導、叱責では?

ところで、交番で上司の警察官(巡査部長)を撃った19歳の巡査は。

「罵倒されたので撃った!」と身柄の確保時、答えている様子。

 

でもね。

この「罵倒」額面どおり受け止めてよいのでしょうか。

罵倒は一般的に『激しい言葉での罵り』を指します。

それと見なして、大丈夫かということ。

 

亡くなった巡査部長は今は言葉を持ちませんからね。

「罵倒」が本当に「罵倒」であったのか?

疑問に思うわけです。

 

そして、19歳の巡査、警察官に採用されたのが昨年4月とあります。

その後、警察学校で学び、今年の1月末に地域課に配備とのこと。

これを考慮すれば、見習い警察官であり、いわゆるルーキーでしょう。

 

ですからね。

毎日が学びであり、実地修練の場であったと思うのです。

 

その環境を考えれば、撃ち殺された、亡くなった巡査部長は。

19歳の巡査を現場で指導、その延長で叱責していた!

と捉えることが妥当ではないでしょうか。

 

f:id:masacchikun:20180412123621j:plain

 

〇 拳銃で撃ち殺すは短気の性分

また、仮に「罵倒」であろうと。

何か、言われたから拳銃を抜き、撃つ!

その行為は極めて短絡的なものでしょう。

 

市民から何か言われたら、すぐさま拳銃を抜く?

その姿と何ら変わりなく映ります。

 

そのため、性格分類上『短期』の分野に属する人物か?

・・と思われるばかり。

 

つまり、言われてじっと我慢できるタイプではないこと。

それは多くの方々が同様に見なすものでしょう。

 

〇 まとめ・・性格検査は重要

ここまで時代背景を含め、思いつく範囲で考えてみました。

そして、大事な点は再発防止でしょう。

 

対策・対応をどうするか・・です。

エキスパートの警察ですから、然るべき処置は迅速に行うと思われますが。

当然「短気は損気」につながる人物を排除する方向に向かうのでしょう。

 

もっとも、このことは今さら持ち上がる話ではなく。

従来からしっかり行われていたと思います。

 

実は僕自身、30年以上前。

警察官の採用試験を二つの県で受験した覚えがあります。

この時、面接まで進みましたが、辞退した経緯を持ちます。

(辞退理由は親が反対「オマエはドジだから」と。)

 

ところで、面接資料に不用意に性格の長所、短所欄で「短気」と書いたのです。

(親の言うとおりです。)

 

「短気と書く」・・推して知るべしでしょう。

面接の際、ずいぶん突っ込まれました。

また、警察としては当然ですよね。

むやみやたらに感情を表し、引き金を引かれては困るのです。

 

当時の面接官が意識して尋ねたことはもっともかと。

 

f:id:masacchikun:20180412125159j:plain

 

ですからね。

普段から不断の対応で、警察は人物評価を継続していると思われますが。

しかし、今回のような事案が発生すると。

しかも「罵倒」を理由に撃ったとなると。

 

今までの性格に関しての評価方法を見直し。

新たなものを導入するなどして望まれる警察官の採用、管理を行う!

その必要があるのでしょう。

 

再度僭越ながら、そのように思うばかり。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

では。