マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

ザギトワ選手に秋田犬が贈られる! メスだけどマサル?

 

マサッチクンです 

 

今回は、ザギトワ選手に秋田犬が贈られる!

メスだけどマサル?

こちらに関して、少々思うことです。

f:id:masacchikun:20180421232527j:plain

そこで、本題に行く前に

最近目に入る犬の話に関して

いくつか触れてみますと

 

ちょっと前

平昌オリンピックの時に

韓国では『犬』が食べられる!

 

それを「かわいそう」と思ったのか

カナダの選手が食用の犬を90頭ほど

「救出」なんて話がありました。

 

また

オランダの選手が『犬』に関連して発言

韓国社会からバッシングを受けたとか。

 

とかく、ややネガティブな響きのある

『犬』の話題が続いていたのです。

 

でも、今回は受け止めやすい内容で

よいでしょう。

 

その上、不思議なのは

なぜ、ロシアのザギトワ選手へ!

 

オリンピックの開催された韓国ではなく

日本から秋田犬が贈られるのか

この点ですね。

 

f:id:masacchikun:20180307101503j:plain

 

もともと

オリンピックでよき成果を上げたら

「チョーダイ」という話もあったようですが

 

その要因の一つで、有力なものが

平昌オリンピック直前

新潟で調整していたこと。

 

これも関係しているようです。

 

日本の環境を気にいり

同時に、犬まで

「いいなあ」と思ったのかも。

 

秋田犬が欲しくなった?

 

推し量るものは数多く出てきますが 

とにかく

ザギトワ選手が「欲しい」と

言ったから用意されたのでしょう。

 

それは間違いないかと。

 

そこで、続けて、ネットの中で

関係するものをあたると

ザギトワ選手は大喜びとあって

 

早速、名前も『マサル』にしたとか

しないとか。

一応、雌雄別に触れると

メスですからね。

 

『マサル』はどうなの?

となりますが

ザギトワ選手は競技人です。

 

きっと『勝利』『勝ち』の言葉を考えて

『マサル』と付けたのだ!

との見方もあり

なんとなく、皆さん、納得の様子。

 

ところで、この話題

不思議な因縁もついてきています。

 

「韓国ではなく日本から贈られる」

・・ですね。

この部分で結構盛り上がるというか

意見を語る流れもあります。

 

端的に言えば

「韓国は犬食う、日本は犬贈る」

という感じでしょうか。

 

どちらかと言えば、韓国側からの視点で

「えっ?」という感じが多いようです。

 

まあ、あまり意識というか

気にしなくてもよいと思いますけど。

個人的にはね。

 

ともあれ、韓国側の目で見れば

「犬食い」イメージで見られるのが

イヤなところへ・・

 

「日本が何、ええかっこ・・しとるの」

と映っているのかもしれません。

 

そんな感じで、韓国のツイッターには

声が上がったりもしています。

 

でも、食べ物は文化ですからね。

韓国は

「でん」

と構えていれば、よいのでは!

 

そのように思うのです・・が。

 

ちなみに

犬料理の名称は『ポシンタン』

(犬の肉をケコギと呼びます。ケは犬)

 

漢字で書くと『補身湯』

文字どおり弱った体に

よき効果をもたらす料理かと。

 

でも、一度も食べたことがないですね。

というか

抵抗があって食べられなかった!

牛のスープの『ソルロンタン』は

何度も食べましたけど。

 

ということで

ザギトワ選手と

秋田犬の話から、つい、思うことを

連ねてみました。 

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

では。