マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

入管法改正案・・野党、法相の問責決議案で本会議をのらりくらりか?

 

マサッチクンです。

 

今回は『入管法7日、成立方針か』の続き

 

www.masacchi.com

 

参議院での入管法改正案の審議に関して

話を起こしてみます。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

基本、19時30分以降を拾うと、こちらの様子。

野党、山下法相の問責決議案で

「本会議をのらりくらりか?」

という感じ・・ですね。

 

本来は10時はじまりですから

野党が怪しげな行為を行わなければ

採決結果云々はともかくも、国会の運営は

粛々と進むと思われるのです。

 

が、しかし

何かと騒々しい野党議員がいるためか

入管法の改正案が法として成立する頃は

真夜中あたりになるかもしれません。

 

とにかく、野党は一生懸命!

こちらの面で・・

国民に向けて

「俺たちだって、反対 でがんばってるよ」

とアピールしたいだけでしょうけど。

(議論は歯が立たないので、反対で迫る!)

 

どう見ても、不毛な時間に映ります。

 

ちなみに山下貴司法相の問責決議案が本会議で

取り上げられるまでに

横山信一法務委員長の解任決議案が出され

否決へ。

 

野党、つまり立憲民主党ほか、旧民進党系列と

共産党、自由党、社民党は無駄な時間を多く

作ることに狂奔しているのでしょう。

 

と、ここまで表したら

先ほど21時前に、法相の問責決議案は否決!

 

まあ、そうなりますよね。

でも、これからがまた、大変と言いましょうか

結構な時間が流れることになりそうです。

 

法務委員会で、入管法改正案の採決。

続いて、本会議で同採決へ。

となりますから。

 

そこで、再び、三度(たび)と

山本太郎氏などの『牛歩』が登場することも

考えられますから。

 

すでに、本日は

法務委員長解任決議案の趣旨説明を

10分間の制限付きとする採決でも

牛歩を行っていたのです。

 

また、するでしょう。

たぶん。

 

ともあれ

このアト、法務委員会と本会議で採決へ進み

改正案が『改正入管法』となるのは

日付をまたいで8日になったころ

と思われます。

 

となれば

「あー、眠い!」

「国会議員の皆さん、お疲れ様です」

・・かと

 

しかし

野党の議員諸氏

これだけ採決を遅らすことに力を入れるなら

法案の問題点を現行と改正案併記に加え

問題点列挙、解決策を並べて

質疑質問を行えば

 

「よくやった」

となりますが、どうでしょう。

 

どうせ、野党議員として存在したいなら

その方が

「すばらしい、先生方」

・・と見なされると思いますよ。

 

もっとも

立憲民主党の有田芳生氏

蛮声張り上げ、同僚の白真勲氏から

そろそろヤメタラ的な忠告を受けたり

 

自由党の森ゆうこ氏のように

本会議壇上で奇声を上げ

議長からヤメヨ趣旨の言葉を頂戴するようでは

期待薄かもしれませんが・・。

 

ということで 

次は、成立した時の国会の姿などを拾って

表したいと思います。 

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。