マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

アトダシじゃんけんの韓国はどこまで日本に肘を張る? 永遠か!

 

マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回は

「こういうのって」

「何回でもアトダシじゃんけん」

「韓国は許される」

って、言っているのと同じではないか

 

総じて

『アトダシじゃんけんの韓国は

どこまで日本に肘を張る? 永遠か!』

 

と思うこと。

 

JIJI.COMの記事からです。

 

www.jiji.com

 

何で、ここまで

日本は言われなければならないのか

不思議です。

 

しかも、わざわざ、韓国ソウルで

韓国の都合のよい話を受け止めるのも

「どうかな」

と思いますが

 

さておき、時事さんは記事をしたためただけ

 

触れたいところはこっちです。

韓国政府とこの人物(孔魯明元外相)の姿勢は

相当怪しく、邪(よこしま)に映るばかり。

 

記事から引用します。

韓国政府は「(1965年の)請求権協定で請求権の問題は解決された」という立場を取ってきた。一方、最高裁の判決は「不法統治下の労働による苦痛は、それとは別の問題だ」という趣旨だ。

しかも続いてこちらも・・。

韓国の国情を冷静に見て、理解する「心のゆとり」を持つのが望ましい。

 

「偉いんだな」

「韓国は・・」

「へ理屈こねて、アトダシじゃんけん」

「何でもアリアリかい」

って感じでしょう。

 

こんな国と言えば、言い過ぎかもしれないけど。

 

それぐらいの姿勢で、韓国を見ると同時に

マトモに付き合う国とは思えないよね。

 

ところで、ここで表れた

『不法統治下の労働』の話に関して

この中旬、何を思ったのか

日韓議員連盟の額賀会長ほかが韓国ソウルへ

向かうとあるのです。

 

旧朝鮮半島出身者(韓国側自称の徴用工)の件で

大法院が下した判決内容で

韓国側と話の場を持つ様子。

 

当然、これもあるでしょう。

「和解・癒やし財団」解散の件

 

しかし

今さら話をする時期でもないでしょう。

 

韓国は刀を抜き日本側に切り付けているわけで

それにどう対処するか、日本が示せばよいだけ。

 

日本ではっきり大きな声を上げればよいのです。

日本政府に向かって

「対抗措置を取れ」

・・と。

 

でも、この集まり、超党派ですからね。

 

自民党の議員さんだけでもなく 

公明党や立憲民主党、共産党なども

混じっているせいか

・・・

何か、日韓議員連盟・・怪しいし

何の役に立つのかわからない組織です。

 

それにしても

この問題、話題、なんだかんだと言って

 

もし

「韓国様の仰せのとおり」

となったら、日本人の若者たちの将来は

「きっと、暗いよ」

 

たぶん・・ね。 

そして・・

 

これは今の壮年、年寄りにも責任はある?

国会議員の中のイカレテる連中が悪いとしても

選挙でしかるべき人を選ばなかった!

落ち度はあるでしょう。

 

若者に恨まれるな・・ 

と思うのです。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。