マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

入管法違反、不法残留者、日常茶飯事、増加の一途では?

 

マサッチクンです。

 

今回は「いるんだよね」

そして

これから「不法残留者、増えるんだよね」

・・と。

 

それが日常的に継続するという点で

「たぶん」

と思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

こちらの記事を見て・・です。

 

www.sankei.com

 

北海道木古内町・・

木古内と言えば、津軽海峡に面し

北海道新幹線が東北新青森から引継ぎ

車両を走らせる北海道での起点箇所。

 

あんまり人はいないところでもありますが

 

ともかく、その地において

入管法違反容疑で

11人の中国人が逮捕される事態が生起。

逮捕者は27-62歳の男女とあるのです。

 

そして、記事で大事と思う点は

男10人は隣町、知内(しりうち)の工事現場で

働いていた!

・・ということ。

 

警察は不審と見て、職質・・木古内で逮捕!

ですからね。

 

もしかすると、雇い現場もそれなりに

「何かなあ」

と思うものはあったかもしれません?

 

もちろん、本当のことは

当該現場の方のみの胸の内でしょうけど。

気になります。

 

そこで

この件、ツイッターで気骨のある方の

ツイートを頂戴してみました。

 

 

 

 

ここで引用させていただいた

各氏の考え、見立てに同感します。

 

ホント、このような環境と言いましょうか

状況があるにもかかわらず!

 

政府は・・

外国人受け入れを急ぎ過ぎているかに

映るのです。

 

たとえば

入れたあとの関係すると思われる

事項、処置を含めた法規案ができるまで・・

 

それまで

審議入り待ってもよかったのでは

・・ないでしょうか?

 

どれだけが該当し

どれだけが、今、現時点で整備、修正済みなのか

もっとも、公に諮っているのかどうかさえも

まったくわかりませんが

 

ともかくも、そこまで行ってから

上程、審議を行い、成立へ運んでも遅くはない

・・でしょう。

 

そうしないと

今回の事件のように

今後さらに日常茶飯事化の現象へ向かう

と、思うのです。 

 

また

社会がうつむき気分の姿勢になる?

・・と。

 

ともあれ 

ここで先を見据えた、しっかりした議論を

参議院で求めたいかと・・。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。