マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

日本はどうして、ファーウェイ『華為技術』への姿勢を米国ほか同様に表さないの?

 

マサッチクンです。

 

今回はどうして、日本って

「すぐ動かないのかな」

と思うこと。

 

日本って優柔不断なのか

それとも深謀遠慮なのか

鈍感なのか

バカなのか

 

もっと具体的に言えば

政治家が中国に取り込まれているのか

(安倍首相とその側近を除く・・個人的観測)

 

こんな感じでいろいろ頭に浮かびます。

ということで、この記事見てのこと。

 

www.sankei.com

 

何ででしょうね。

日本の反応の鈍さは・・。

 

たとえば

電化製品の量販店の壁面に

ファーウェイ(華為技術)が描かれたもの

ちょっと街を歩くと目に飛び込みます。

 

が、いつも不思議に思います。

 

米国とか欧州とか

「中国はチョイ信用ならん!」

との動きを示しているのに

 

なぜ、馬耳東風・・

日本はその風を受け流すのでしょう。

 

そのように見えるのです。

 

よっぽど、のっぴ気ならぬ状態へ

世の中の・・社会の上層部の方々は

取り込まれてしまったのでしょうか。

 

それとも、日本企業のうち

中国にどっぷり進出したところは

「怪しくても、抜けられないのだよー」

「もう手遅れ、はまるしかないのだよー」

でしょうか。

 

アカンと声を上げれば 

つまり、中国から距離を置いたら

進出した企業の資産がなくなるとか

不利益を被るおそれがある?

ということ? 

よそを見れば、韓国のように日本企業の資産を接収したくて、ウズウズしているかに見える例もあります。明日29日は三菱重工に向けた朝鮮半島出身元労働者による金銭要求訴訟の判決が大法院で下される予定。

あるいは中国系の従業員が勤務拒否をして

会社が回らなくなる?

そんなおそれがある?

 

考えればキリはありませんが

日本政府も「ファーウェイ、ヤメナ」とは

号令をかけないのです。

 

世界では動きが出ているにもかかわらず

 

報道にあるとおり

大洋州では

オーストラリア、ニュージランド

 

欧州では

英国(さっと頭に浮かぶものから)

 

ほかに

米国は「使うなよー」と同盟国に

アプローチしていますよね。

 

日本は「だいじょうぶ」で進めるのでしょうか。

 

そもそも、何度「アカン」と言っても

尖閣諸島へ近づく行為をやめない!

そんな国ですよ。

中国は。

 

そして、報道を見れば

その政府の影響下にあるとされるのです。

ファーウェイは。

 

米国はじめ関係国が表しているように

日本政府も『意識をしている』意志を強く表しても

よいでしょう。

 

そう思うばかり。

もちろん

中国が真に日本の友好国であるならば

その国の製品、技術を使うことはやぶさかでは

ないと思いますけど。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。