マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

外国人3千人が加入の企業内労組結成、日高屋さんの記事見て思う!

 

マサッチクンです。

 

今回はヤフー(朝日新聞)の記事を見て

素朴に思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

こちらです。

『外国人3千人が加入の労組結成

日高屋、大半が非正社員』

 

これって、外国人従業員が約3千人も加入する

企業内労働組合が誕生する話。

 

企業内労働組合・・ココが肝でしょうね。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

「ホントにエエンですか?」

と、個人的には問いたくなるもの。

 

別に労組が悪いとは言いません。

外国人だって、日本で仕事をするのであれば

自らの主張を申し述べる機会は必要でしょう。

 

ですが

結局、文化、慣習などが混ざらないので

分離して競合する核を作るだけと思うのです。

 

煎じ詰めれば

外国人労働者よりもAI活用のIT化を進めて

人手不足を補ったら

と言いたくなるわけですが・・。

 

ともかくも

こうした動きと言いましょうか

このような形態の労働組合が広く日本に広がれば

 

日本人を含む労働者の低賃金化は

ほぼ固定の道を歩むのではないでしょうか。

 

あるいは

少々、賃金が高くなっても

日本人と外国人の仕事の奪い合いが

将来生起するだけと思うのです。

 

さらに視点を変えれば

報道メディア(この場合、朝日新聞さん)が

日本人労働者に目を向けず

外国人の待遇改善の方向性で論じるところ。

 

これ、維新を除く

野党6党におもねる姿勢に映りますが

ご覧の方々は

どのように受け止められるのでしょう。 

 

ということで

「どうなる、日本」

と、本日も勝手に世情病みへ。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。