マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

プレミアム付き商品券の財源を国債発行で充てるなら、タコが自らのアシを食べる感じ?

 

マサッチクンです。

 

今回は素朴にプレミアム付き商品券に関して

思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

安倍首相が今日31日の国会の答弁の中で

(参院本会議)

来年10月、消費税10%に上げた際

 

景気への影響力を緩和するため

(購買力維持と思われる)

※ 基本、低所得者層向け。

 

プレミアム付き商品券を発行する内容を

語っていました。  

 

また

購入に制限があり

世帯年収400万-500万円程度を上限とする様子。

(三万円給付と同じく、発露は公明党?)

 

安倍首相の口から発せられたものですから

決して批判オンリーで

ものを言う気はありませんが

 

しかし、これは基本
購入して得しよう!
との話でしょう。

 

財源はどうするのか、気になります。

『プレミアム付き商品券』は額面以上の金額で買い物ができる!

基本、30年度も、その前の29年度予算も

さらにその前も、国債の発行で

予算(案)総額の多くの部分を支えている

と思うのですが

 

さらに国債であがなうつもりでしょうか?

 

ですが

それでは、仮に主要因ではなくとも

消費税上げの背景にあると思われる

財政健全化が進まず

今以上に負担が増すだけと思うのですが

どうでしょう。

 

何気にタコが自分のアシをかじる行為にも

映るのです。

 

ちなみに国債の流通自体も

財務省が国債発行して、日銀がそれを買い込む!

 

そんな姿が大きいように見えますから

この点も国の規模で見れば

タコのアシかもしれません。

 

なお

自民党、公明党は沖縄県知事選以降

選挙が気になり、焦りの思いから

ぶち上げたのかもしれませんが

 

大方の国民にとって 

プレミアム付き商品券は

 

ないよりマシぐらいの感覚しか

生まないのではないでしょうか。

 

ご覧の賢明な方々は

どのように思われますか。 

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。