マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

韓国大法院が元徴用工の訴えを認めたよ! 日本の会社はそれでも韓国に行くの、労働者を受け入れるの?

 

マサッチクンです。

 

今回は韓国の元徴用工による訴訟で

韓国の大法院(日本の最高裁にあたる)が

元徴用工の訴えを認め

 

新日鉄住金(旧新日本製鉄)に

損害賠償を命じた判決から思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

昨日も触れましたが

「そうなるな」

と捉えたことが現実化へ。

 

これで、韓国政府はともかく

司法サイドは・・ですよ。

 

日韓基本条約・・日韓請求権協定

(日韓請求権並びに経済協力協定)

 

・・をぶっ飛ばしたと見て、よいのでしょう。

 

アトは昨日も触れたように

日本政府と日韓議員連盟がどのような姿勢を

示すか、注目ですよね。

 

河野太郎外相は、さっそく

外相としての責務ゆえか

言葉を発して言ますが

 

www.sankei.com

 

政府全体として一枚岩の姿勢を持てるか

どうかが、今後の大きなポイントに

なりそうです。

 

なあなあで済ましたら

もう、韓国の押せ押せモードの対日姿勢に

日本政府として、抗する術(すべ)は

ないのかもしれませんよ。

 

一応と言えば失礼ですが

外務省の姿勢はこのとおり。

『日本企業の正当な経済活動の保護の観点からも,国際裁判も含めあらゆる選択肢を視野に入れ,毅然とした対応を講ずる』

とありますけど・・ね。

 

どこまで、腹くくった行動が取れるのか?

 

河野太郎外相と佐藤正久外務副大臣にケチを

付けるつもりはありませんが

少々、疑問視なのです。

 

日韓議員連盟が存在していますから・・ね。

 

さらに

野党は立憲民主党ほか親『半島』議員では

成す術もないでしょう。

 

そして、終わりに、ここで思うは

日本の会社はそれでも韓国に行くの?

加えて

韓国人の労働者を受け入れるの?

ということ。

 

素朴に頭の中で上ってきます。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。