マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

安倍首相の訪中結果、新3原則でこの日本、どうなるの?

 

マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回はこちらの産経の記事を見て

「いったいどうなりますかね」

「この日本」

と思うこと。

 

www.sankei.com

 

それでは

安倍首相が中国の習近平国家主席、李克強首相

とお約束、確認した3原則を拾うと、こういうもの。

 

● 競争から協調へ

● 脅威ではなくパートナー

● 自由で公正な貿易体制の発展

 

どう見ても、個人的な視点では

空証文にしか映りませんが

でも

その結果はそのうちわかるのでしょう。

 

はじめの二つは、尖閣諸島周辺海域への

中国海警局の船舶が来なくなれば

 

しばしの期間であっても

「競争から協調へ」

「脅威ではなくパートナー」

・・の約束は少なからず、守られた!

と言えそうですが、どうなりますやら・・。

 

f:id:masacchikun:20181026193053j:plain

 

日々、産経新聞を注視しましょう。

 

三つめは中国進出日本企業に対し

中国共産党の支部植え込みにも見える

こちら(2016年、2017年クローズアップ)

中国共産党は「党組織を社内に設置し、経営判断は組織の見解を優先する」との項目を定款(会社の規則)に盛り込むよう要求

・・が

「はずされるかどうか」

でわかるのではないでしょうか。

 

たぶん無理でしょうけど。

 

ということで、結局、日本には経団連が望む?

留学生から日本での労働者へと移り変わる

中国人が増えるだけと思いますけど。

私立大学への留学生も・・ね。

 

しかも

来たる社会の自動化が進んだ際

日本人の雇用状況が著しく悪化したりして・・?

この際はどうなるのか、気になるところ。

 

ともあれ

新3原則に合わせて結ばれることになる

日中通貨スワップの影響も伴って

両国で利をむさぼれる国は

「中国ではありませんか」

・・と思うばかり。

 

なぜなら、米中貿易摩擦・戦争で

中国は大国と呼ばれても

 

度重なるトランプ政権の関税強化策などで

『米国にはかなわない大国』であることが

すでに世界に知られたと思われますから。

 

それにしても、安倍首相が訪問しても

日本人拘束者を解放しないとは・・ね。

 

それぐらいの結果を安倍首相とその政権は

出さないことには

日本の賢明な方々は納得しないと思いますが

いかがでしょう。

 

僭越ながらも

 

基本、いまだ中国が日本を軽んじている姿は

変わらぬ証左と思いますけど。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。