マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

日米韓会談、岩屋毅防衛相の自衛艦旗不掲揚に関する韓国への「残念だった」は残念だった!

 

マサッチクンです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

今回は19日に行われた

シンガポール(シャングリラ)での

拡大ASEAN国防相会議

(ADMMプラス)を契機に行われた

日米韓防衛相会談に関して思うこと。

日本:岩屋毅防衛相

米国:ジェームズ・マティス国防長官

韓国:鄭景斗国防部長官

※ 鄭景斗:チョンギョンドゥ

 端的に言えば、これです。

岩屋毅防衛相の自衛艦旗不掲揚に関する

韓国に向けた「残念だった」は残念だった!

 

ここでは基本、北朝鮮中心の地域情勢を

主体に日米韓防衛協力の進展などで

議論を行ったとあります。

 

その骨子とも言えるものがこちら。

外交努力を行いつつ

北朝鮮による違法な「瀬取り」を除き

国連安保理決議の完全かつ厳格な履行のため

国際社会と連携していく!

 

と、防衛省のサイトなどで目に入ります。

 

そして、ここで

「瀬取り」を強調した点は

同行為に関与疑いのある韓国への牽制?

と思われる点で、よいかもしれませんが

 

ただ、日韓の諸々のできごとに関して

「残念だった」と終えたとされる点

明確に抗議の形で触れずじまいだったのは

残念なところ。

 

マティス国防長官が入ったことで

その部分で強く言葉を発せられない!

控えたのかもしれませんが

 

とはいえ、しつこいながらも 

何で、抗議と言う形でものを言わないのか

不思議!

 

残念だけなら、韓国はおそらく

「まだ要求できる余地あり」

と見なして、さらにエスカレートした

対日要求が生まれるのでは・・。

 

今後の韓国の動きはさらにウオッチ

と思うばかり。

とにかく、この国は何ごとにおいても

攻撃的な対抗意識むき出しに映ります。

 

日本に負けじと4万トンクラスの空母を作る

考えを持つとの報道もありますから。 

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。