マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

国際刑事警察機構(ICPO)の総裁が中国で捕まったこと以上に、中国人であったことがびっくりかな?

 

f:id:masacchikun:20180329075418j:plain

 

マサッチクンです。

今回はこちら。

「国際刑事警察機構(ICPO)の総裁が

中国で捕まったこと以上に

中国人であったことがびっくりかな?」

と思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

この記事を見て・・。

www.sankei.com

 

今まで所在が不明とされていた

国際刑事警察機構(ICPO)の

孟宏偉総裁に関しての情報が出てきたことは

前進でしょうけど。

 

取り調べを受けている!

となると、大いに問題でしょう。

 

国際刑事警察機構(ICPO)の内部情報なども

中国側が押さえている可能性はかなり高い

と思いますが、いかがでしょう。

 

拘束の理由など、何とでも付けられる

と思うのです。

 

過去、拘束された日本人もいますよね。

今もそうかもしれないけど。

反スパイ法とやらで、報道を見る限り。

 

とにかく

中国って、中国人がどう思うかは別として

そのように映るのです。

 

それで、話戻して

孟宏偉総裁の人物がどうのこうのは横に置き

 

この方の場合

本国へ帰れば、こういうこともありうる?

と選んだ人は、考えなかったのでしょうか。

 

なぜなら、繰り返しになりますが

中国って

政権に都合の悪いことを言ったり

行動したり

また、具体的に政権批判したら

 

反スパイやら何やらで

官憲が現れ、どこかへ連れていかれる!?

そんな印象アリアリと思いますけど。

 

ですからね。

その意味で国際刑事警察機構(ICPO)の

総裁が中国人であったことにびっくり!

 

「情報流れるよ」

「情報盗られるよ」 

・・というわけです。

ご覧の方々はどう思われますか。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。