マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

大阪府警OBが用意するとした懸賞金は、本当に情報提供者の元へ届くのか?

 

f:id:masacchikun:20180412123621j:plain

 

マサッチクンです。

 

今回は大阪府警OBが用意するとした

懸賞金に関して、少々思うこと。

 

とにかく、多くの方々同様

犯人逮捕への有効な情報をもたらした者へ

本当に手渡されるのか?

 

ここへ、目は向かうのです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

これは先日、8月12日の夜

大阪府警・富田林署から逃走し 

指名手配となった樋田淳也容疑者。

 

こちらが逮捕されるまでの一連の動きの一つ。

 

警察関係者は焦りを感じたのかもしれません。 

捕えられない現状打開を意識した

大阪府警OB

懸賞金を掲げ、情報提供を求めた

とされる件です。 

大阪府警OB・・樋田容疑者の逮捕へつながる有力情報を提供した場合、最高200万円を支払う。

ところが、いざ捕まえてみると

情報提供内容の趣旨が

「万引き犯がいた!」

・・であったことから

 

支払いに躊躇の姿が見られる様子。

 

そのためか、大阪府警を取り巻く空気は

少々、ザワザワとしたものがあるかに

映るのです。

 

そこで、ツイッターなどを見ると

多くの方々が思うところは

「支払ってやんなよ」

・・の感じ。

 

これは自分も、素直に思うところ。

 

提供情報が万引きであろうとも

結果は、犯人逮捕へつながったわけです。

 

ここはOBをはじめとした大阪府警が

「ご協力ありがとうございました」

との姿勢を持った方が

 

OBはもとより警察へのリスペクト感が

高まるのではないでしょうか。

 

それに、何と言っても

捜査への協力意識を

たとえ、契機は懸賞金であるとしても

従前より、大きくさせる!

と思うのです。

 

素朴に・・。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。