マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

韓国・文在寅大統領の日本への台風・地震お見舞いツィート、返礼・返答がすぐにないと気になる?

 

マサッチクンです。

 

今回は韓国の文在寅大統領から届いた

台風・地震の被災に関するお見舞い文に関して

少々、思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

お見舞い文はツイッターで表されています。

 

 

内容は決しておかしなものではないでしょう。

 

『日本国民と安倍総理に慰労の気持ちを

お送りします。

台風と地震で犠牲になった

大阪、札幌の皆様方へ哀悼の意を表します。

 

遺族の皆様とケガをした方々へ

お慰め申し上げます。

 

災害が連続発生して

そのショックはいかばかりかと存じますが

ことにあたって備えて来た日本の底力が

発揮されることを信じます。』

 

少々丸めたりしましたが

このような流れのあるお見舞い内容かと。

 

また、今までのいきさつから、韓国と聞くと

一瞬身構えてしますが

このツイッター・ツィートにおいては

淡々と謝辞を申し上げるべき性格でしょう。

 

特に、あて先を考慮すれば・・です。

 

ただ

「これはいただけない」

「見返りが必要なのか?」

と思うできごともあり、この点、気になります。

 

それは、このツィートに関しての

返答・返礼が当初見られなかったことから

朝鮮日報は4日間返事なしと扱い

「なぜ」

と表しているのです。※ Chosun Online

 

(朝鮮日報日本語版) 北海道地震:安倍首相、文大統領のお見舞い文に四日間返事なし(朝鮮日報日本語版) - Yahoo!ニュース

(10日) 

 

ですが

「遅れた!」

「なぜ、遅れる?」

との思いはあったとしても

 

返礼を求める性格を持つのであれば

逆に、お見舞い文を送らずの方が

被災の日本としては心休まる

と思いますが、どうでしょう。

 

なお、数日遅れたものの

安倍首相はツイッターで韓国へ謝辞を

表しています。(11日)

 

 

 

基本、文在寅大統領のお見舞い文が

いわゆる公電扱いで流れているものなのか

・・どうか

そちらは定かではありませんが

 

ツイッターで流したものなら

「送ったのに、返事はないのか」

といった姿勢は必要ないでしょう。

 

また、11日、安倍首相はいくつかのツィートで

謝辞を送っています。

 

ということで

いろいろと思い浮かべる方もいるでしょうけど

返礼・返答は返していますし

遅れたから・・と

あれこれ言うべき性格のものではない!

と、何気に言いたくなるのです。

 

そうでないと

文在寅大統領のツィートは 

ありがたみと言いましょうか

気持ちが半減以下となりましょう。

 

・・と思うばかり。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。