マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

石破茂氏の総裁選延期の思惑は何、被災者のためか?

 

マサッチクンです。

 

今回は単純かもしれませんが

こちら

『石破茂氏の総裁選延期の思惑は何』

『被災者のためか?』

と思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

基本、台風21号と北海道地震の救命救助を含む

被災者支援活動は

自民党総裁選とは別の次元のものでしょう。

 

そして、被災者支援活動は

何ごとにおいても優先すべきもの

 

そのため

安倍首相は、支援活動を指揮・指導で

忙殺されていると思われますし

 

自民党総裁選に関し、自ら触れる機会は

グーンと減っているとの見なしが

妥当と思われるのです。

 

逆に石破茂氏の方が、無任所で・・閑?

自身の野望のためにあてる時間は多いでしょう。

 

それゆえ

総裁選では自ら思い描くさまを表すために

大きく注力できるのではないでしょうか。

 

それを考えれば

総裁選延期をあえて訴える必要性はない

と思われるのです。

実際は党の方針として、総裁選選挙活動3日間(7-9日)自粛が出ています。

まさか

安倍首相の総裁選に打ち込める時間を

「作ってあげたい?」

 

それはないでしょう。

 

今まで、さんざん、後から

弓弾くことをしてきたのです。

 

特に、この両者

一人はアイウエオ・カキクケコ

・・オジサンの中谷元

 

また、不平不満をクダまくように

テレビで語る村上誠一郎

 

何かと機会を合わせ、安倍政権に狙いを定め

矢を射かけていたのです。

 

ちなみに、後者二人は

石破茂氏の推薦人になっています。

 

さて、戻して

やはり、総裁選延期を伸ばす

その思いの原点は

自らの劣勢を覆すために時間が欲しい!

 

これがもっとも妥当な見立てか・・と。

どうでしょう。

 

さらに言えば

おそらく、石破茂氏の総裁選延期は

被災者の方を思うことが優先ではなく

自らの有利な機会を引き出すものか・・と。

 

もし、真に、安倍首相とその政権に

被災者支援活動に注力して欲しければ

石破茂氏自らが総裁選から離脱することが

もっとも最善な行動でしょう。

 

基本、自民党議員の大勢は固まっているのです。

党員の票があるとはいえ

どんでん返しはないと思われ

無駄な時間飛翔は避けるべきと思うばかり。

 

なお、次のような行為があることを知ると

何気に浅ましさを感じるのです。

 

一つはこちら。

 

6日に総裁選延期を語るかと思えば

7日、NHKにありましたが、仲間の議員ら30人と

会合を持った様子。 

安倍首相の明恵夫人が支援を呼びかけるものとは、性格が異なると思うのです。自らが旗を振っているわけですから。

続いて、もう一つは

石破茂氏が菅野完氏と対談へ?

ネットの中で目に入れられます。

 

事実であれば・・終わったのでは。

政治家としても。

 

二つ目は確実視できない点もありますが

いずれにしても、言ったこととやることが違う。

そんな人物には映ってきます。

 

賢明な方々は、どのように思われますか。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。