マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

韓国、南北首脳会談の手土産? 米国へ朝鮮戦争の終戦宣言求める、撤回可能付きは、DQN感満載!

 

マサッチクンです。

 

今回は韓国の話題を取り上げてみます。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

6日の報道において、韓国は米国に向け

北朝鮮との朝鮮戦争の終結宣言を

「行ってくれ」

と要望した様子。

 

しかも、あとから

「やっぱりやめた」

「それでも、よいので、よろしく頼む」

とあるのです。

 

これは3日の時事の記事に表れていたもの。

 

文正仁・統一外交安保特別補佐官は

3日、ソウルで朝鮮戦争の終戦宣言に触れ

「撤回可能」との見解付きの表明を行い

トランプ政権に受け入れを求めた!

・・と。

 

つまり、約束したフリだけでいいから

「頼む」

「やってくれ、行ってくれ」

ということなのでしょう。

 

なかなか、珍しい外交の仕方です。

詐欺師になってくれ!

と依頼するとは。

 

ということで、これらを考えると

おそらく、米国は拒否するでしょう。

 

そもそも、朝鮮戦争の終結に関して

韓国が米国を相手に

とやかく言う問題ではない!

と思われます。

 

米国と北朝鮮が、基本当事者であり

米国の望む、考える非核化が進まない現在

 

韓国の唱える、そんなテキトーな終結宣言を

行うことはあり得ないかと。

 

それに、今週の韓国の動きから考えると

同国は単に今月18日から20日の間

いずれか一日で行われる予定の

南北首脳会談での手土産にしたいのでしょう。

 

そんな思惑を持ってのことと映り

いささか、邪なものを感じます。

 

また、文正仁氏の発言が出る背景を考えると

 

5日、韓国側の特使、鄭義溶国家安保室長が

北朝鮮を訪問しています。

 

そして、6日帰国後、金正恩委員長との間で

朝鮮半島の完全非核化の意志を再確認した

と記者会見で触れており 

そこで、同委員長が米国とも協力していく!

との話が出ていたことも

影響しているのかもしれません。

 

ほかに、金正恩委員長は

トランプ大統領に向けた信頼は変わりない!

さらには、トランプ氏の1期目の間に

米朝の関係を改善し非核化を実現したい!

 

とも述べたことが明らかに・・。 

【激動・朝鮮半島】3度目南北会談は18~20日で合意 正恩氏「完全な非核化意志」再確認 訪朝の韓国特使会見 - 産経ニュース

 

それらから、韓国は何とはなしに

北朝鮮はソフトなイメージを持つと見なし

「それなら韓国も大盤振る舞いをするか」

なんて、ええかっこしいの姿勢を持った?

 

そんな感じに映ったりもするのです。

 

ともあれ、韓国は約束ごとを軽く捉えている!

それが何気にわかる一事ではあるでしょう。

 

ですから、少々、話は飛びますが

慰安婦問題も、思うところ、こんなノリで

あとから

「やっぱり、やーめた」

と成したものかと。

 

いわゆるDQN感、満載と思うばかり。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。