マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

潜水艦乗組員に女性が選考される時代がやって来る? 海自の話から思う!

 

f:id:masacchikun:20180905205057j:plain

 

マサッチクンです。

 

今回は女性戦闘機パイロットの出現に続いて

潜水艦乗組員にも女性が登場するかもしれない!

 

そんな話題に関して思うことです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

いくつかの報道メディアで扱われていました。

潜水艦乗組員に女性起用へ 国の“舵取り”期待と覚悟 ストレス耐性、出産・育児にはバランス考慮を - zakzak

 

一言で言えば

「すごい」

「時代が変わった」

「男だけでは、定員が満たない」

「家に帰りたい男性自衛官が増えた?」

 

・・など、いろいろと思い浮かぶわけですが

ともあれ、武装組織も、ついにここまできたか!

と、素朴に思う次第。

 

従来どおりの組織の流れ、態勢では追い付かない!

ということなのでしょう。

 

ただ、狭い密室空間の中で

女性を女性として扱う空間の新たな設営は

大変な気はしますが、どうでしょう。

 

どうしてもかつて見た

『眼下の敵』

『Uボート』

『U-571』

ほかの映画のイメージから

 

女性が長時間追い詰められる環境で

耐えられるのか、少々気になるところ。

 

そこで、フラグが立つものは、こちら。

潜水艦居住区に女性専用の個室

あるいは区画を設けるのでしょうか。

 

たとえば、女性用トイレ・・。

そのため、女性乗組員仕様の潜水艦とか

建造されるのでしょうか。

 

それ以外では

魚雷の脇で睡眠をとることが可能でしょうか?

休息時、先に寝ていた者のぬくもりを感じながら

眠ることができるのでしょうか?

※ 以前見たテレビの放送内容などから。

 

そんなことを思い浮かべるのは

基本、男女平等とはいえ

完全にそうなり得ないと思うからですが

 

男性仕様では女性は追随できないでしょう。

 

なぜなら、物理的にと言いましょうか

生物学的に、差異はあると思うのです。

当然でしょうけど。

 

また

女性対応としての機能を付加した場合

 

それが今までの潜水艦の機能発揮に

影響が出るのか、出ないのか

その点も何気に

「どうなの?」

と思ったりします。

 

ただ、ここに上げたものは

単純に僕の頭に思い浮かんだもの。

 

自衛官の皆さんが、男女関係なく

最善の環境で、最善の役目を果たされんことを

願うばかり。

 

今回はここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。