マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

国連、人種差別撤廃委員会は韓国の代弁者の如く、慰安婦で日本を脅かすか?

 

f:id:masacchikun:20180331000546j:plain

 

マサッチクンです。

 

今回は国連、人種差別撤廃委員会が

相変わらず日本たたきのために

利用されている!

と思うこと。

 

同委員会が慰安婦問題で

4年ぶりに行った対日勧告の件。

 

これには・・

「不可逆的解決」の日韓合意の日本の主張を

受け入れずとありますから

かなり、一方的なものでしょう。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

昨日の報道で表れていました。

 

どうやら、同委員会は日本と韓国間の

慰安婦問題に関する報告書を勝手にまとめ

日本政府に対して

「直せや、韓国様のために」

と受け止められるような、勧告を行った様子。

 

しかも

日本と韓国の2015年12月の外相会談合意に

関しては聞く耳持たぬ・・さま。

 

この部分は以前から、日本側が

「おかしいやないか」

と思う部分であり

 

『政府間の合意では解決できない』

『日本は被害者の視線が欠如している』

と国連の人権差別撤廃委員会が強く言うところに

かかってきます。

 

国連の同委員会は、いったい『何様』でしょう。

と感じますけど。

 

ともあれ、日本と韓国が合意した点を

無視したかに映る姿は

合意を覆したい!

韓国の邪なアプローチがあったのではないか

との疑念をもたらします。

 

また、韓国だけではなく

すべての国籍の慰安婦にも

「償えや」

と、自分勝手な論をぶつけ

 

さらに

その改善結果を

「報告しろ」

との極めて傲慢な姿勢まで持っているのです。

 

怒りを覚えます。

どうでしょう。

 

同時に冷静になると

これに関係する報道から

かなり、韓国、中国は国連を舞台に

ロビー活動をしているのでしょう。

 

それは想像に難くないかと。

しかし・・

日本はずいぶんとやられっぱなしですよね。

 

それでも一応、本日31日

菅義偉官房長官は記者会見で

国連、人種差別撤廃委員会に遺憾の意を

申し入れたとあります。

 

しかし、不十分ではないでしょうか。

 

いっそのこと

国連への負担金をストップすれば

よいと思うのですが、どうでしょう。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。