マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

総裁選、野田聖子氏、従う者なしで勝負にならず、素行の悪さで閣外か?

 

マサッチクンです。

 

今回は自民党総裁選における

野田聖子氏の挑戦姿勢に関して思うこと。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

ズバリ、意地悪視点ながらも、こうか・・と。

 

『自民党総裁選、野田聖子氏

付き従う者なしで勝負にならず

素行の悪さで閣外決定か?』

 

野田聖子氏、どうも現状(25日)では

推薦人20人の確保は困難な様子

 

ただ、それでも

総裁選から離脱する姿勢はないとあります。

【自民党総裁選】野田聖子氏「私は意外に粘り強い女。絶対諦めない」出馬に執念 - 産経ニュース

※ 詳細はこの記事を見てくださいね。

 

まあ、人、それぞれです。

生き方も様々、得心行くまで突っ走るのも

「ご自由に」

でしょうけど。

 

しかし、同氏周辺の人々は

そんな姿の野田聖子氏を見て

どのように推し量っているのでしょうか。

 

僭越ながら、僕の場合 

負け戦に固執、突っ走る指導者は

「どうかな?」

と、頭の片隅に残るのです。

 

世論調査の指示も超低いですよ。

 

日経(8月24~26日実施)

自民党総裁選で誰が総裁にふさわしいか

● 安倍晋三 39%

● 石破 茂 31%

● 野田聖子 4%

 

共同通信(8月25~26日実施)

次期自民党総裁にふさわしい候補

● 安倍晋三 36.3%

● 石破 茂 31.3%

● 野田聖子 4.9%

 

これって、自民党の中だけで推し量ると

かなりの差で安倍首相がトップに出る

と思いますけど。

 

そして、野田聖子氏は推して知るべしかと。

 

ここは、悔いて、頭を下げた方が得策!

と思いますが、どうでしょう。

 

このアト、自民党を出るなら、いざ知らず

そのまま残って、一員として存在したいならば

大局を見て、小事にとらわれない姿勢を

示すべきでは・・。

 

つまり、意固地になることなく

感情で突っ走る人物に見られない!

そのことが肝要と思うのです。

 

それに加えて

何かの僥倖にすがるような戦い方は

指導者として不適と見なされませんか。

・・ということ。

 

何と言っても危なかっしいですよね。

「引く時は引く!」

 

僕が語っても、詮無きこととは思いつつも

つい、発したくなります。

 

石破茂氏も同様ですよね。

救援部隊もいない状態での籠城戦にしか

映りません。

 

すでに周りは固められているのです。

 

● 細田派

● 麻生派

● 岸田派

● 二階派

● 石原派

● 竹下派衆院グループ+一部の参院議員

 

・・によってです。

 

石破茂氏のもとには石破派

竹下派の参院グループのみ。

 

ほぼ決まりでしょう。

 

こちらの場合は野田聖子氏より

さらに悲惨かも

「石破親分ではとても太刀打ちできない!」

とわかりつつ、従っているでしょうから

胸中いかばかりか。

 

その点、野田聖子氏には誰もいない様子。

配下の人たちの心配がない分・・よいかも。

と、いろいろ、こちらが勘ぐったりして。

 

ともあれ、退き時を見誤ると

キズが深くなると思うのです。

 

古から

「無益な戦い、抵抗はやめよ」

なんて言葉がありますから

矛を収める時は早い方がよいでしょう。

 

抜けば、相手も抜くのです。

石破茂氏は手遅れでしょうけど

野田聖子氏は

「ゴメンナサイ、降参します」

と言えば、終わると思いますけど。

 

終らないか・・。

今までもかなり抵抗勢力よろしく!

とばかりに行動していましたからね。

やっぱり、閣外かも・・。

 

ともあれ、総裁選まで興味深い日々が

続くのでしょう。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。