マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

玉木雄一郎氏のコドモノミクス、『懸賞金付き』に映るけど、趣旨賛同! 問題は財源?

 

マサッチクンです。

 

今回は『懸賞金付き』に映る玉木雄一郎氏が

発したコドモノミクスに関して

思うこと。

 

 

基本、悪くはないと思いますよね。

はじめに『懸賞金付き』・・か

なんてイジワル表現を加えましたが

それは実行の可能性はどうなのか

疑念があるため。

 

そして、3人目で1000万円が妥当かどうか

それは別として

 

真に日本の人口をある程度まで大きくし

社会構成、営みを今までに準じた流れで

したいと欲するなら

それぐらいの奨励施策があってもよいでしょう。

 

「国民民主党にしては」

と言いましょうか

「国民民主党だから」

・・こその発案と見なしますが

 

そこで、気になるのは財源ですね。

ほかにも問題点はあると考えられますが

今回は財源に絞って、触れてみます。

 

とにかく、こども国債はやめて欲しいです。

 

すでに、多くの国債を日銀が抱えている!

そんな状態でしょう。

 

この上、日銀にこども国債まで

引き取らせるつもりでしょうか。

 

日銀が抱えるということは

市中のお金を吸い込むことなく

せっせと、それだけ紙幣を多く刷って

それが財務省経由で国・政府へ

流れるだけのことでしょう。

 

償還する時は金利を付けた形で

政府はお金を日銀に戻すと思いますが

そもそも、年度予算の歳入部分の多くは

国債です。

 

となれば

「お金ないから」

と、また、国債を発行し

日銀で吸収することになりませんか。

 

これの繰り返しを続ければ

いずれ、日本はパンクするでしょう。

(日本に切り売りできる資源があれば別です。)

 

玉木雄一郎氏は

その点をどのようにお考えなのか。

 

日頃、安倍首相叩きをしておきながら

コドモノミクスで何気に同様のことをしては

よくないでしょう。

 

もし、財源云々を語るのであれば

日朝国交関連で持ち出すかもしれない支援金

を削るとか

 

海外向けの支出にあてがわれている経費を

削減するとか

 

さらには、資格要件を満たしていない

そんな疑いのある生活保護受給を止めるとか

 

具体的に不要な箇所と思われるところを

優先順位を付けて洗い出し

コドモノミクスの執行経費を捻出する!

と言うべきでしょう。

 

ほかに、挙げるならば

2019年の消費税上げに関して

軽減税率制度について、再考を求めるとか

 

もっと具体的に言葉を持ってほしいものです。

 

一応、ツイッターでも語ってはいるようですが

わかりづらいです。

ほかに、数字の根拠はアバウトに見えます。

 

 

 

今の言い回しでは単に、国民民主党の代表選で

地方議員・党員・サポーター票を集める

算段にしか映らないでしょう。

※ 8月22日告示、9月4日投開票

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。