マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

中国北京で大演説の鳩山由紀夫氏! 失笑を買ったのはあなたでは?

 

マサッチクンです。

 

今回は「失笑を買ったのは誰かな?」

と思うことです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

なんと・・なんと・・ルーピーと揶揄される

最悪の民主党政権時に

首相を務めた鳩山由紀夫氏が

中国北京で講演の機会を持ち大演説を行った

とあります。

 

しかも、安倍首相の対中政策を取り上げ

「世界から失笑を買っている」

と発した様子。

 

病にかかっているのでしょうか。

もし、かかっているのなら

 

たとえば

『中国を喜ばしたい病』

あるいは

『僕の住む世界は中国病』

・・ではないでしょうか。

 

f:id:masacchikun:20180305090832j:plain

 

いっそのこと、中国に帰化されてはいかが!

と言いたくもなります。

 

ともかく

北京の会議であろうと

どこであろうと

公の場で鳩山由紀夫氏が発した言葉です。

 

重いものがあります。

同氏が発する言葉の真逆が正しい!

と見なされますから・・ね。

 

これで、世界は安倍首相が失笑を買うような

人物・宰相ではない!

・・ということを

 

『鳩山由紀夫氏が失笑を買う』

として、賢明な方々はあらためて

理解したのではないでしょうか。 

 

それにしても、鳩山由紀夫氏

いつでもどこでも、日本を危うくするために

蠢いている様子。

 

困ったものです。

 

ちなみに、今回、北京で行われた会議は

日中交流関連の『国際シンポジウム』の様子。

 

そのほかの同氏の発言を

報道、ネットから目に入れると

かなり、中国寄りに映るとともに

何気に、中国に身を捧げたい一念を

感じたりもします。

 

ご覧の方は、どのように思われますか。

 

なお、一部の報道(日刊ゲンダイ)では

亡くなった翁長雄志氏のアトとして

鳩山由紀夫氏の名が取り上げられており

 

しばらく

「大丈夫か日本?」「大丈夫か沖縄?」

・・の視点で

同氏は注目を浴びるかもしれません。

 

本来は、あまり興味のない人物ですが

しばらくはウオッチを続けてみましょう。

 

ということで、今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございます。

失礼します。