マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

野田聖子氏、不思議に見える? 国防権限法でZTE、ファーウェイとの距離を置く米国と5Gで真逆に進む姿!

 

マサッチクンです。

 

今回は自民党議員、総務大臣である

野田聖子氏がとても不思議に映ることです。

f:id:masacchikun:20180604092521j:plain

この方、本当に日本のために働く

日本の議員・政治家なのでしょうか。

 

今、素朴に不思議に映るとともに

疑惑を醸す政治家もどきとして目に入ります。

 

特に5G技術に関しては

積極的に中国にプレゼントしたい様子。

 

この記事は5月の産経紙のものですが

これ以降、野田聖子氏の動きに変化はありません。

全力投球なのでしょう。

 

www.sankei.com

※ この記事、是非ご覧ください!

 

とにかく、解せませんね。

 

すでに米国では7月末あたりに

クローズアップされていましたが

国防権限法で安全保障上の観点から

 

〇 中興通訊(ZTE)

〇 華為技術(ファーウェイ)

 

この両企業の技術利用を禁止すると

出ているわけです。

 

近々の話ではファーウェイが

米国内で相手にされなくなったため

同国から撤退する話も出ています。

(レコードチャイナ、THE EPOCH TIMES 

いずれも8日)

 

続いて、賢明な方のお話もあります。

 

 

また、米国での話は突然沸いたものではなく

ずいぶん前から同国の姿勢として

話に出ていたもの。

 

それにもかかわらず野田聖子氏の

中国寄りに映る姿勢の変化はないのです。

 

どのように感じられますか。 

 

さらに、オーストラリアでは6月の時点で

5Gの導入にあたって、ファーウェイの参入を

禁止しています。

 

ほかにも、英国では

ファーウェイの通信機危機器に欠陥があり

同国のネットワークに問題を生じかねないとして

距離を置く見方もある様子。

 

これらの傾向を承知する限り。

 

欧米は中国の通信機器企業とのかかわりを

断とうとしている!

 

そういうことではないでしょうか。

再び、賢明な方のお話を伺うと、このとおり。

 

 

・・にもかかわらず、野田聖子氏

総務大臣の立場を持ちつつ

中国と接近したがる理由はいかに?

 

怪しい!

・・と思うばかり。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。