マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

【スポンサーリンク】  

 

KOTRAって上から目線! 韓国の人に日本への就職あっせんしても大丈夫?

 

マサッチクンです。

 

今回は韓国人が嫌いな日本へ

就職あっせんを行うKOTRAの動きに関して

少々思うことです。

※ KOTRA:大韓貿易投資振興公社

 

中央日報の6日の記事を見て

「えっ」

となったのですが

 

同記事のタイトルはすごいでしょう。

「働き口あふれる日本就職を助けます」

超が付く上から目線ではないでしょうか。

※ 記事をご覧になることをお勧めします。

 

同じ思いの方はいます。

 

 

とにかく・・ですよ。

何と、韓国人が憎むべき日本へ

地震が起きたら海に沈めとののしる日本へ

韓国人の求職者のあっせんに動いている

とあるのです。

 

ホント、不思議なことです。

なぜ嫌いでイヤな日本の職場を

選択させるようなイヤガラセをKOTRAは

同胞の韓国人に対して行うのでしょう。

 

www.masacchi.com

 

これ、イヤミではなく、マジで思います。

「自分がイヤなことは人にするな」

と教えられた僕としては、解せません。

 

無理やり日本を選べと言われる韓国人が

気の毒でしょう。

 

と、直感的に言葉を発しましたが

いささか冷静さを取り戻して

続けると

 

あっせんの場は6日から7日まで

『韓国人材採用相談会』として

東京で開いた様子。

 

そして

これに応じた日本企業は27社とあります。

ザクッと企業名を見ると

● NTTデータジェトロニクス

● ローソン

この二つは少なくとも目に入りました。

 

基本

「そうなんだ」

・・程度の声しかあげられませんが

 

27社にはおそらく

すでに韓国系の流れがあり

そちらからの吸引力もあるのでしょう。

 

普通に、現状の日韓関係を見て

韓国が日本に示す姿勢を考慮すれば

 

のちのち、自分の腹の中で

腹痛を起こす元となるかもしれない人たちを

抱え込むことはしない!

と思うのです。

 

なぜなら、日本が嫌いなんでしょう。

 

別に差別ではないですよ。

『韓国と韓国人は日本が嫌い!』

『日本との約束を守る気はない!』

 

これが素直に日韓関係を見ると

映りますから・・それだけのことです。

 

しかし、日本政府も不思議な政府です。

 

ハローワークに行けば

40代以上の求職者はいると思われるのに・・。

 

そちらのための就職あっせんの機会を開けば

わざわざ、韓国から日本を助けるために

「就職してやってくれ!」

と言われなくても済むのに・・ね。

 

今回はここまでです。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。

 

追記

 

なお、かつて韓国大好き少年であった僕は

決して、すべての韓国人が

反日とは思ってはいません。

 

日本と韓国、そして世界を客観的に見るご仁は

何人であれ、脱帽!

 

そんな人物であれば、ウエルカムかも・・。

 

それにあえて日本を選び

就職したいと考える韓国人は頭はよい!

これは想像に難くないでしょう。

 

なぜなら、取りあえずは嫌いの感情を押し殺し

敵地に向かうのです。

日本語もできるでしょうし・・ね。

頭のよさは何気に察します。