マサッチクンの徒然草子

ホットな話題から日々のできごとまで思うことを語ります

【スポンサーリンク】

ユーチューブの保守系とされる動画チャンネルの アカウント停止に関して思うこと!

 

マサッチクンです。

 

今回はユーチューブの保守系とされる

動画チャンネルのアカウント停止に関して

思うことです。

 

すでに、この話題は広く承知されていること

と思いますが、昨日の産経新聞でも

扱われていました。

 

www.sankei.com

 

詳細は、同紙の記事をご覧になっていただくとして

報道メディアがユーチューブの姿勢に関して

また、保守系動画の扱いに触れて

 

「おかしくないか」

 

との視点で、取り上げたことは大きな前進!

と思うのですが、いかがでしょう。

 

ユーチューブの行為は、理由はあるとしても

ある分野の言論封殺にも映りますよね。

 

たとえば

今までKAZUYA氏、某国のイージスさん

 

そして、記事にも登場する竹田恒泰氏

テキサス親父日本事務局さんなど

数多くの動画チャンネルを対象に

第3者があれこれと理由を付けて

 

「やめさせてしまえ」

 

と言わんばかりにユーチューブに

申し出たためか、消えていました。

※ KAZUYA氏のチャンネルは復活

 

疑念と言いましょうか?

 

何でユーチューブは言われたら

『規約に反する』との御旗で

「削除、閉鎖へ運ぶのか」

との疑問は起こるのです。

 

もっとも、今までの流れを見て浮かぶことは

 

基本、ユーチューブは動画に広告を載せて

稼ぐ媒体なんでしょう。

 

そこで、広告を付ける対象の動画に

どんな理由であれイチャモンが付くと

広告が貼り難くなる!

 

あるいは、イチャモンを付ける側と

動画チャンネル保有者との争いに

巻き込まれたくない!

 

そういった思惑が交錯して

早い話、面倒なものは削除して

淡々と広告を貼り続けられるものだけを

温存、生かしていきたい!

 

そんな考えのようにも思われるのです。

 

つまり、ユーチューブに公的な性格を

求めるのは間違っているのかもしれない

ということ。

 

ひとつの営利事業体であることを

今一度、再認識する必要もあるのでしょう。

・・なんて、最近は思ったりします。

 

とはいえ、その前に検証をひとつ行うことも

必要かもしれません。

 

左派系と見なされる動画に対して

保守系動画を削除方向へ導いた

BAN祭り同様の手法で

ユーチューブに迫ったら、どうでしょう。

 

これで、ユーチューブが削除の方向性を持てば

ユーチューブに動画の性格云々にこだわる

考えはないとわかると思うのです。

 

動画チャンネル停止、削除への他意はなく

単純にモメゴトはイヤなだけ

ということ・・ですね。

 

また、いささか、話の方向性は変わりますが

ユーチューブを利用して稼ぎたい

と考える方には

 

ユーチューブでアップする動画は

イチャモンが付きにくいものにする!

利用ネタの範囲は限られる!

ということも承知すべきかもしれません。

 

今回もとりとめもなく思うことを表してみました。

ここまでとなります。

お付き合いいただき、ありがとうございました。

失礼します。